« ウェブブック『生きるための水が湧くような思考』を読む | トップページ | 「ハス博士 大賀一郎と府中」展に行った。 »

青空の温度は!?

▼昨日はも朝が少し曇っていたが、昼間はとてもあつかった。
夏休み中も続けて、朝の散歩は「定刻」どおりとした。
いちど刷り込まれた生活時間のリズムは、いつもどおりがいちばんいいようだ。
Dscf3245▼炎天下のもとであったが、グランドに出て
やりたかったこと。
やってみた。再びあの「帰ってきた非接触温度計」を、空に向けてみた。
もう うだるような暑さである。気温は、35℃に達しているだろうか。
そんなグランドで 空の各所にあててみる。
まず、雲のあるところだ。
やっぱりそうだ。22~23℃ぐらいを示す。
雲のあいだの青空と思われるところを向けて、スイッチをおしてみる。
おお!!20℃を切る。16~17℃ぐらいのところがほとんどだ。
やっぱり、ほんとうにそうなんだ。
当たり前のことだけど、空は上にいくほど温度は低いのである。
当たり前のことだけど、すごい。
これが、天気の変化の大原則の元である。
「雲はどうしてできるのか」
「雨はどうして降るのか」等々
のそしてあの大原則「上がると ザアザア」にいたるキーが、この当たり前にある。
Dscf3230▼一方、炎天下の元のグランドはどうだろう。
わっ、やっぱりそうだ。暑いはずである。50℃を越えている。
これにのっている空気(大気)は、これにあたためられるのである。
大地から放射される熱エネルギー それによって大気は、下から
あたためられていく。
 「地球温暖化」を語るときにも、知っておきたいことだ。

それにしても面白いものだ。
高い 高い 空といっても、雲ができるのは、せいぜい12kmまでである。
我が家と学校をつなぐ直線距離(18km程度)よりも遙かに短い。
車が「縦」に移動できたら、すぐに行ける距離だ。
そこまで、移動すれば、クーラーなんて必要はない。
避暑地は「上空」へ そんな時代くるかな。

▼ この面白い「道具」を持って 今日から「横」に移動する。用があって東京に向かう。
昼には、大都会・東京にいるだろう。大都会の空とアスファルト道路にこの「温度計」
を向けてみたいと思う。また ちがった発見があるかも知れない。

▼今朝、またしても東北の大地がうごいたようだ。大きな被害がでていないことを祈る。

▼26日には、ついに待望のあの「理科ハウス」に行く。
楽しみである。o(^o^)o ワクワク


|

« ウェブブック『生きるための水が湧くような思考』を読む | トップページ | 「ハス博士 大賀一郎と府中」展に行った。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青空の温度は!?:

« ウェブブック『生きるための水が湧くような思考』を読む | トップページ | 「ハス博士 大賀一郎と府中」展に行った。 »