« 『大地の物語』を読む・聞く | トップページ | 【授業】磁石のまわりの磁界(1) »

【Web更新6/15】蓮のページ

Dscf1744 曇天に 今が花なり クリの尾の
 08/06/12 (木)撮影@安富

■ 楠田純一の【理科の部屋】定例更新のお知らせです。やっと週末の定例更新が、「定例」になりつつあるところです。 
 このblogと連動しながら、一週間に蓄積されたもので、Webページも更新しようと思っています。

表紙画像2008  校庭の樹木シリーズ クリの花
 今が盛りのクリの花、これまであまり意志的に見てこなかったが、今年はすごく気になるのである。校庭のみならず、通勤路においても、校区をドライブしていてもいちばん気になるのが、このクリの花である。
 この動物の尾のようにのびた花と秋に実るイガクリとどんな「からくり」があって結びつくのだろう。調べてみたくなるところである。先人たちをこれをどうながめてきたのだろう。子どもたちは、この花をどのようにみているのだろう。聞いてみたいところである。
 アジサイの花もかなり気になりだした。

「蓮のページ」更新
http://homepage3.nifty.com/KUSUDA/KENKYU/hasu/hasu-index.htm
蓮のページの更新はずいぶんと久しぶりです。
中国まで蓮を追いかけたのは、2002年です。
もう6年もの月日が経過したんですね。
 このたび、リンクさせてもらった「大賀池日記」(阪本さんがつくっておられるblog)によりますと、偶然になるのですが昨日、6月15日(日)は、大賀一郎先生の44回目の命日だそうです。こんな日に更新するとは、なんとも因縁を感じてしまいますね。
 今回の更新は、更新というより、更新の準備といっていいかも知れないですね。
ここで、何回かとりあげているように、今年は阪本さんから分けてもらった大賀ハスの実を、実から発芽させて育てていますので、その観察日記を、ここのblogでとりあげた記録とリンクさせながら更新してみようと思います。
 その準備をしましたという報告です。あの大賀ハスは、第四の巻葉も水面から顔を出してきました。この一週間でどこまで育つのでしょうか。
 そろそろ蓮が開花の時期をむかえているようですね。蓮の開花情報もあわせて知ることできたらうれしいですね。

◆『理科の自由研究』の研究 先週につくったページですが、【理科の部屋】4@folomyでみなさんに教えてもらったことや、話題になったことをもとに、少しだけ更新してみました。

授業に関するページは、随時更新できたらと思っています。

|

« 『大地の物語』を読む・聞く | トップページ | 【授業】磁石のまわりの磁界(1) »

コメント

こんばんは。
>6月15日(日)は、大賀一郎先生の44回目の命日だそうで
>す。こんな日に更新するとは、なんとも因縁を感じてしまいますね。
大賀ハスを取り巻く因果の絡みに楠田さんも絡まったかも・・・
楠田さんのページ更新に大賀先生も喜んでおられますよ。
わが家の大賀ハス(東大緑地実験所株)は明日開花すると思います。

投稿: sakamoto | 2008/06/16 21:10

もう開花しましたか。大賀ハス

>楠田さんのページ更新に大賀先生も喜んでおられますよ。
わが家の大賀ハス(東大緑地実験所株)は明日開花すると思います。

こんなふうに言っていただくとすごく光栄ですね。
昭和26年の「発見」から、57年の歳月が流れました。
今、あの「感動」が、全国いろんなところで継承されているんですね。
観蓮会も、いろんところで催される予定なんでしょうね。
これまでにも話のでた観蓮会オフ、かならずやいつの日か実現させたいですね。
私の大賀ハスは、第三の葉が、葉をひろげはじめました。

投稿: 楠田純一 | 2008/06/18 05:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【Web更新6/15】蓮のページ:

« 『大地の物語』を読む・聞く | トップページ | 【授業】磁石のまわりの磁界(1) »