« 【授業】磁石のまわりの磁界(1)-2 | トップページ | 【授業】磁化 »

【授業】「地球は巨大な磁石だ」

▼雨がふり梅雨らしい天気がつづく。
どこかで、「梅雨」の授業がやりたいが、なかなかそんな時間はとれそうにない。
「天気の変化」の面白さに、気づいておれば、
勝手にいろんな学びを開始してくれると思うのだが…。
私たちは、「大気の大物理実験室」にすんでいるという、視点ができれば
いろんな「発見」をしてくれそうな気がする。
▼授業の報告も似たようなことだ。
報告のタイトルから言えば、「磁石のまわりの磁界(2)」とすべきところであるが
あえて、メインにしたかった「地球は一個の巨大な磁石」にまとをしぼった。
授業に迷ったときは、過去の自分の取り組みを参考にするようにしている。
ここの単元では
【電流と磁界】DB
ある。
今回も試行錯誤するところがある。
でも結論的には、この10年以上前の流れと同じようなところに
たどりついてしまう。
◆棒磁石のまわりに、鉄粉をまいて「見えない」磁界を
見えるようにする。これが、この時間テーマである。
そして、
「私たちの住むこの地球号が一個の巨大磁石である」
の学習に発展させる。
この学習においては、「科学読み物」が有効であると思っている。
できるだけ、やさしい文章で
読みながら、実験をしている、体験をしているような「ものがたり」
「感動」を追体験できるもの
そんなのを準備したいものである。
▼そのきっかけさえあれば、今はネットの時代。
あたらしいかたちの「発展学習」は、自分たちでみつけていくのではないだろうか。
すでに、知識の集積回路は手に入れている時代なんだから、
その気になれば、科学者の書いた論文だって簡単に読める時代だ。
これからの時代の「科学読み物」にすごく興味がわいてきました。

『宇宙から 地球に鉄粉まいたら この模様ができるのかな』
と考える生徒を育てたい。

|

« 【授業】磁石のまわりの磁界(1)-2 | トップページ | 【授業】磁化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【授業】「地球は巨大な磁石だ」:

« 【授業】磁石のまわりの磁界(1)-2 | トップページ | 【授業】磁化 »