« 梅雨入りに思う | トップページ | ホタルの乱舞をみた!! »

「地域」に学ぶとは

▼今週は、中学2年生は「トライやる・ウィーク」に出かけている。
この「トライやる・ウィーク」は、11年目である。
現任校の「トライやる・ウィーク」は、ほんとはじめの趣旨にそった「地域」に学ぶ姿勢が色濃くでた
「トライやる・ウイーク」である。
 生徒たちばかりでなく、教師自身も多くを学ばせてもらっている。
▼どうやら、それにはわけがありそうだ。
 それは、「トライやる・ウィーク」から、「地域」に学ぶという活動がはじまったのでなく、ずっとそれ以前から
「地域」に学ぶ活動が続いていたようだ。
今もそれは続いている。
それは、ほんとうの大きな地域の教育力として生きている。
▼教育実習に来ている二人の学生と話をした。
「一日本校で実習して、いちばん本校で感動したことは何か。」と聞いてみた。
あわせて、「この学校の一番すごいところはどこか」と、6つの「○○力」をあげておいてえらんでもらった。
ひとりは「地域力」を、もうひとりは「人間力」をあげた。
 第一に「地域力」をあげるところをみると、やはりそれを感じさせるものが、この学校にあるのだろう。
▼ずいぶんと以前になるが、『「地域の自然」にこだわるのは』と題して、拙文を書いたことがある。
 いま、また「花とホタルの町」の地域に学びながら、新たな理科授業を構想していきたい。
今夜あたりは、ホタルの乱舞を見に出かけたいと思っている。

|

« 梅雨入りに思う | トップページ | ホタルの乱舞をみた!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「地域」に学ぶとは:

« 梅雨入りに思う | トップページ | ホタルの乱舞をみた!! »