« 一日をデザインする | トップページ | 授業こそが最大の学校行事である »

春爛漫

04090018 さまざまの こと思い出す 桜かな
                芭蕉
▼昨夜から雨だ。学校周辺の桜も満開だ、この雨で少し散ってしまうことだろう。昨日も、仕事のあいまに花曇りのなか散策してみた。安志加茂神社の境内の桜はほんとみごとである。学校の裏の坂道をのぼるとすぐに「あじさい公園」にさしかかる。これも、その季節が楽しみである。
04090002さらに、境内に向かっていくと、みごとに桜が咲き誇っている。花見でお弁当を開いている家族をみかけた。
04090007
▼その桜満開の境内の参道で、シロバナタンポポの群落をみつけた。なにか、新鮮な感動をおぼえた。どこから、やってきたのだろう。参道にあるということは、四国あたりからの参拝者が、なにかの荷物と一緒に運んできたのだろうか。それは、いつごろのことだろう。いろんなことを想像してしまうのである。
芭蕉ではないが「花」はさまざまのことを語りかけてくれるのである。
▼学校に帰って、理科室をのぞいた。「授業びらき」をどうするかを考えながら、どんなものがあるだろうと、探索してみた。なんとも、なつかしくもある理科室の「におい」である。あのなんとも言えない、独特の「理科室のにおい」
これを嗅ぐと、妙に落ち着くのである。

|

« 一日をデザインする | トップページ | 授業こそが最大の学校行事である »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春爛漫:

« 一日をデザインする | トップページ | 授業こそが最大の学校行事である »