« 授業こそが最大の学校行事である | トップページ | コンヴィヴィアリティとは »

一週間が過ぎた

▼新しい学校での一週間がすぎた。少しずつ、見えてきつつあることもある。しかし、まだまだいろいろ吸収し学ばなければいけないことが多い。時間ばかり、早く過ぎていく、もっともっと時間がほしい。しかし、次々と次なる展開が待っている。
04120014
▼またしても、つぎの「定理」が頭と心をよぎる

■p.201
「ニューノーマル」時代における成功とは、タイムマネジメントに尽きる。
この時代における通貨は、時間なのである。── ロジャー・マクナミー
Success in the New Normal is all about time management. Time is the currency of this age. ──Roger McNamee
How to Succeed in the New Normal, SandHill.com, May 23 2005
参考

こんどこそ、と思いつつもなかなか 思った通りにはいかないものだ。
再び時間をかけてPC「引っ越し」ソフトに挑戦する。今度こそ、成功したかに見えた、少し小躍りして喜んだ。
でも、それはぬか喜びだった。
見かけ上「引っ越した」だけだった。メールも、ホームページビルダーもうまく使えない。
使えるように修復してやりたいが、そのことに時間をかけてというわけにはいかない。
次の挑戦は、次の時間のあるときだ。

|

« 授業こそが最大の学校行事である | トップページ | コンヴィヴィアリティとは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一週間が過ぎた:

« 授業こそが最大の学校行事である | トップページ | コンヴィヴィアリティとは »