« コンヴィヴィアリティとは | トップページ | 【授業】授業びらき »

名物『麦とろ定食』を食べた

04130005▼昨日も、休日であったが仕事にでかけた。残っている仕事と授業の準備である。弁当を用意していなかったので校区をドライブがてら昼食をとりにでかけた。安富町に南北のびた町だ。その北の端に やすとみグリーンステーション鹿ヶ壷がある。名勝『鹿ヶ壷』を中心にした「遊びのキャンパス」がキャッチフレーズのようだ。そこまでの道のりもすばらしい景観だ。林田川の清流の側には、桜がいたるところで満開だ。
車をとめることしばしばである。安富ダムまであった。
▼鹿ヶ壷山荘につくなり、やはり名物「麦とろ定食」を注文した。「ごはんのおかわりできますよ」と声をかけてくださったのがうれしかった。いただいてわかった。これは名物になるなということはすぐわかった。ほんとうに美味しいのである。麦ごはんのゴツゴツ感とトロロのトロリとし食感がうまくマッチしているのである。誰が考えたのだろうこんなの、もともとのふるさと料理を定食にしたのだろうか。林業にたずさわってきたはたら人の「知恵の料理」なんだろうか。今度行ったとき聞いてみようかな。
04130007▼鹿ヶ壷山荘の周辺には、キャンプ場やコテージなんかもある。夏休みなどは、都会から多くの人がおとずれるんだろうなと思う。近くに住んでいながら、こんなすばらしいところがあるなんて知らなかった。連休にはハイキングにいきたいものだ。
 これで味をしめて、休日は、校区の名所にでかることにしようかと思ったりしている。
▼学校に帰って、授業びらきの準備をした。
いよいよ今日、「授業びらき」だ。o(^o^)o ワクワク ドキドキ

|

« コンヴィヴィアリティとは | トップページ | 【授業】授業びらき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名物『麦とろ定食』を食べた:

« コンヴィヴィアリティとは | トップページ | 【授業】授業びらき »