« 「究極のクリップモーター」の歴史 | トップページ | 「ホシノヒトミ」って 誰いちばんはじめに »

「捨てる」技術

▼なんとも、困った状況だ。Windows98の愛機ノートが思うように動かなくなってしまった。もうつき合うこと十年目である。これをメイン機として使ってきたので、いろいろ困ったことがある。まずメールである、ふつう状況では、これを使って、メールのやり取りをしてきていただけに、連絡がとれなくなってしまう。
▼次に困っているのが、Webページの更新である。本来なら、今朝は週末の定例更新をお知らせすることにしていたのにそれができない。画像も準備し、句も詠んだというのに・・・。
Web更新の方も、まもなく立ち上げから10年の年月が経とうとしている、紆余曲折はあったが、けっこうな量の情報を「蓄積」してきている。それも、そろそろシステムを変えるときがきているのかも知れない。
▼どうしてこんな状況になってしまったのだろう。それは、ハード面でいうなら、今さらWindows98の時代ではないということだろう。ソフトがそれに対応していないのである。無理な面があるのである。作業的には、私には充分なのだが、なにも、そんな高度なことが、私には必要ないのだが。
▼もっとも、根本的な問題は、私が「捨てない」からだ、情報収集、情報発信はするが、「捨てる」ことをしないからだ、メモリーがいっぱいになってしまい、快速に動いてくれない。過去の情報・DATAを、また必要になってくることもあるだろうと、「とりあえず置いておこう」と貯め込みすぎているのである。
なんともこれは象徴的である。
すべてがこうなってしまっているように思う。なんでもキャパシティというものに限界がある。
今のピンチはチャンスかも知れない。
今の私にいちばん必要なのは「捨てる」技術だ。

|

« 「究極のクリップモーター」の歴史 | トップページ | 「ホシノヒトミ」って 誰いちばんはじめに »

コメント

こんばんは。パソコンの引っ越しソフトがあります。私はまだ使ったことがないのですが、これだと捨てる必要ありませんよ。最近はHDDの大容量化してきています。どんどん貯めましょう。(笑)
http://it.nikkei.co.jp/pc/news/index.aspx?n=MMITdt000006112007
http://ascii.jp/elem/000/000/063/63100/
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/070306/n0703063.html

投稿: sakamoto | 2008/03/17 19:32

阪本さん、さっそくの救援コメントありがとうございます。
そんな手もあるんですね。
さっそふたつ目の引っ越しソフトを購入を検討しています。
また、アドバイスをよろしくお願いします。
問題は、Windows98のノートがうまく立ち上がるかです。
さっそく緊急のメールが使えなくて困っています。
そのために、gmailも使っているんだが、それを知らせることもできないありさまです。
とりあえず、立ち上げることに再度挑戦してみるつもりです。

投稿: 楠田純一 | 2008/03/18 04:51

パソコンも所詮電化製品ですから、10年も使えば寿命です。内部のコンデンサや、一番神経質なハードディスク、電源などの調子が悪くなります。

っていうか、よく使ってきましたよね。ふつうは5年とされています。

10年前の製品なら、ハードディスクの容量も2Gバイトとかそんなものですよね。いまや、メモリーカードに入ってしまいますよ。

http://www.ksdenki.com/service/town.php?qzokusei_code=06&shop_code=00001105
ケーズデンキ(姫路店)で2GのCFメモリが6000円です。
http://www.ksdenkiweb.com/item_detal/item_detal.php?jan_code=4523052812040
CFメモリとPCカードスロットのアダプターが
1000円しないくらい。

お店にパソコンもっていって確認するのがいいかも。

しか6000円で10年分のバックアップができるというのもすごいことです。


投稿: 渡部義弥 | 2008/03/18 12:50

渡部さん おはようございます。
今しがた、緊急のWeb更新をしてきました。
「とりあえず」をやめる方針が、またしても揺るいでしまったかな。(^^;ゞポリポリ
そうか「寿命」ですか。そうかも知れませんね。10年近くもはたらき続けたわけですから、もう年季明けをしてやらねばならいですかね。この間のはたらきを大いに誉めてやって・・・。
とても、具体的なアドバイスもありがとうございます。
時間をかけて、いろんな方法を検討してみます。
最終的には、梅田望夫のいう「あちら側」にデータはすべて移してしまうつもりです。こちら側では「手ぶら」で行きたいと思っています。理想です。

投稿: 楠田純一 | 2008/03/19 05:24

こんばんは。
データの移行だけなら、外付けHDDを利用するのも一法です。500GBが1万4千円たらずで手に入ります。http://kakaku.com/item/05382012379/

投稿: sakamoto | 2008/03/19 22:00

阪本さん おはようございます。
続けてのアドバイスありがとうございます。
外付けのHDDはある程度とってあります。
メーラー、「ホームページビルダー」などをそのまま使うことできたらと思うところがいちばんです。
とりあえず、今回は「引っ越し」ソフトに挑戦してみようかなと思っています。
引き続いてのアドバイスよろしくお願いします。

投稿: 楠田純一 | 2008/03/20 05:42

新しいPCのOSはVistaでしょうから、Win98対応のソフトとの相性はどうかな?

投稿: sakamoto | 2008/03/20 09:52

阪本さん おはようございます。
あたらしいPCというのは、実はなにもあたらしいものではなくて、これまで学校へ持っていって使っていたもので、三年ほど前に購入したものです。従って、XPです。
昨日、阪本さんの進言らしたがって
引っ越しソフトを購入してきました。まだ、決行をしていません。うまくいくかわからないです。時間ができしだいやってみるつもりです。進捗状況 また報告させてもらいます。

投稿: 楠田純一 | 2008/03/21 04:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「捨てる」技術:

« 「究極のクリップモーター」の歴史 | トップページ | 「ホシノヒトミ」って 誰いちばんはじめに »