« 「ペンからタイプライターへ」(1) | トップページ | 「ペンからタイプライターへ」(2) »

【Web更新2/10】『知的生産の技術』を読む

02100054
  ヒイラギの みどり目覚めて 校門に
   08/02/10 (日)撮影@香寺

楠田 純一の【理科の部屋】 定例更新のお知らせ

 http://homepage3.nifty.com/KUSUDA/

◆表紙画像 校庭の樹木シリーズ 『ヒイラギナンテン』
http://homepage3.nifty.com/KUSUDA/hyoshigazo/2008/2008hyoshi.htm
 ヒイラギの みどり目覚めて 校門に
   08/02/10 (日)撮影@香寺

樹木の四季折々の姿を表紙にしていると、ほんとつきることないですね。校庭に植えられている以上、なんらかの意味があるのでは、と読んでしまうのは深読みなんでしょか。ヒイラギナンテンは、校庭には、二箇所にあります。一つは、この校門です。もうひとつも、プール入口の花壇です。ヒイラギは「邪気の侵入を防ぐ」ナンテンは、「難を転ず」、ふたつ合わせて「邪気の侵入を防ぎ、難を転じ幸を願って」といったらこじつけですかね。
そのヒイラギナンテンが、春を待ちかねて、花の枝をのばしてきましたね。黄色い花をつけるのはもうすぐ、そしてはるが、みどりの目覚めです。

◆『知的生産の技術』を読む。
http://homepage3.nifty.com/KUSUDA/KENKYU/johou/titekiseisanyomu.htm
 これを読み始めて、けっこう日が経ってきている。でも「ゆっくり」なんである。適当なスピードの読みこそ、いろんな情報を呼び込んでくる。それが次なる展開が面白くなる。
この本をいつの時代に、「どのように」読んだか。世代によってちがいがあるようだ。それがまた面白い。コメントをいただいたり、リンクさせてもらったりしながら、それぞれの世代から学んでいきたい。


 

|

« 「ペンからタイプライターへ」(1) | トップページ | 「ペンからタイプライターへ」(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【Web更新2/10】『知的生産の技術』を読む:

« 「ペンからタイプライターへ」(1) | トップページ | 「ペンからタイプライターへ」(2) »