« 授業【実践DB】を創るとは | トップページ | SNSか blogか »

未来は変えることができる

▼なかなか「標準的」な日とはならない。難しいものである。
あたり前と言えば、あたり前であるのかも知れない。
それが、日常というものであろう。スケジュールどおりことが運び、思いどおりになるなら苦労はしないだろう。
だから「楽しい」とも言えるのかも知れない。
偶有性に満ちた「日常」だからこそ、「日常」と言えるのだ。
▼でも「標準」は必要である。
朝起きる。「あちら」側に行く、blogを書く、メールをチェックする、【理科の部屋4】@folomy・mixiに行く。
「こちら」側に帰ってくる。今日のスケジュールを確認する。散歩にでる。朝食を済ませて、出勤。
これが私の最近のスタンダードだ。
ほんとうに忙しくなるとこれが崩れる。でも、軌道修正を繰り返しスタンダードにもどるように努力する。
▼軌道修正をするときに、自分でいちばん苦労するのが、「過去」にこだわることである。
どんなに、すばらしい能力をもつ人間でも、過ぎ去った「過去」を変えることなどできないのに。
できるのは、『変えることができるのは、未来と私だけ』と自分に言い聞かせる。
さあ、今日も始まる。 一日一生

 

|

« 授業【実践DB】を創るとは | トップページ | SNSか blogか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 授業【実践DB】を創るとは | トップページ | SNSか blogか »