« ネットで「丹生」を追う。 | トップページ | 整理のツール・三種の神器 »

「むらの鍛治屋」さんと繋がる!!

▼『むらの鍛冶屋』 さんより、mixiの「マイミクシィへの追加リクエスト」というのがあった。うれしいことである。この世界では、以心伝心というのがあるようだ。「ひょこむ」に招待してもらい丹生のことが話題にあがり、それに参加させてもらうなかで、非常に興味をいだいた方がおられる。
 それがこの『むらの鍛治屋』さんだ。私などよりも、もっともっと深く、広く「丹生」に興味を抱いておられると直感した。この人から学びたいと思った。そしたら、このメッセージが飛び込んできたのである。これぞSNSの醍醐味なのかも知れない。
▼むらの鍛治屋さんの次のテーマも「水銀・丹生」であるという。これまでにはベンガラを調べておられたという。
ながい間継続して発行しておられる『夢通信』のほんの一部を見せていただいた。驚いた!!。こんなすごい人が近くにおられたなんて。あらためてお近づきになれたこと感謝する。
▼一種の職業病である。こんな方にお出合いするとつい考えてしまうのである。「こういう方から学び・連携しながら教材開発はできないだろうか」と。『「常民の科学」を授業に』というのを、ライフワークのひとつと決めている。決めているだけ。遅々としてその歩みは進んでいない。私にとっての「夢」なのかも知れない。
この『夢通信』は、多くの人たちの夢に刺激を与え続けてきたのだと思う。これからも。
繋がったこと喜びたい。\(^o^)/
末永くおつき合い宜しくお願いします。

|

« ネットで「丹生」を追う。 | トップページ | 整理のツール・三種の神器 »

コメント

バタ褒めも記事、びっくりです。
私は鍛冶屋の二代目、子供の頃に見た父の職場での様子。
鎖を作っていましたが、赤く焼いた丸棒がくるりと曲げられ、再度加熱してトントン。なんと簡単にひっつくのか?
鍛接の不思議さ、鎖づくりの面白さ。
こんな事に感動し、事業を継ぐことになりました。
鉄や鍛冶屋やステンレス鋼、金属がすきです。好奇心旺盛。

今年の夏は子供たちを集め、鉄のミニ博物館開館。

天然磁石・砂鉄・隕鉄・玉鋼・ストラマトライトなどを展示し、小さな子供たちには砂鉄遊びをさせました。

これからも、資料の整理を進め充実したミニ博物館にしたいと考えています。

今後とも宜しくお願いします。

投稿: 『むらの鍛冶屋』 | 2007/12/20 07:05

どうも、さっそくのコメントありがとうございます。

>鍛接の不思議さ、鎖づくりの面白さ。
>こんな事に感動し、事業を継ぐことになりました。

すばらしいですね。
「感動」を仕事として引き継いでいく。

>鉄や鍛冶屋やステンレス鋼、金属がすきです。好奇心旺盛。

金属への思い入れ、好奇心 それが「夢通信」に結晶化していっているんでしょうね。今日もまたいくつかの「夢通信」読ませていただきました。興味が重なるところいっぱいありました。
また、少しずつ楽しみながら読ませてもらおうと思っています。

>今年の夏は子供たちを集め、鉄のミニ博物館開館。

来年は、ぜひ見に行かせもらいたいな。o(^o^)o ワクワク

>天然磁石・砂鉄・隕鉄・玉鋼・ストラマトライトなどを展示し、小さな子供たちには砂鉄遊びをさせました。

「天然磁石」って磁鉄鉱ですよね。日本では、天然のものは
柵原鉱山で掘り出されていたと聞いています。
最近、柵原鉱山に行ったときのページをつくっています。
また時間あるときに見てやって下さい。
◆http://homepage3.nifty.com/KUSUDA/KENKYU/yanahara/yanahara.htm

こちらこそ、今後とも末永くよろしくお願いします。

投稿: 楠田純一 | 2007/12/20 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「むらの鍛治屋」さんと繋がる!!:

« ネットで「丹生」を追う。 | トップページ | 整理のツール・三種の神器 »