« 「御用納め」だ。 | トップページ | 今年の重大ニュース(2) »

今年の重大ニュース

▼「今年の10大ニュース」「今年の重大ニュース」などというのを、新聞・テレビで目にするころである。今年もあと3日だ。部屋のかたづけをやりながら、今年をふりかえってみる。「10大」とまで、あげることできないかも・・・そこで「重大」とする。
 思いつくままあげてみる。

【理科の部屋4】@folomyがスタート
まずはこれだろう。4月1日 14年間続けてきた【理科の部屋】が@niftyを離れて、folomyに移籍して再スタートした。Web2.0時代にふさわしい取り組みを展開しはじめた。まだ、まだ確かな方向は見えていないが「これから」をみんなで模索していきたいものである。

2 『日本ヒガンバナ学会』を設立する。
9月23日、お彼岸の中日である。かねてより多くの人と一緒に「ヒガンバナ情報」の交換をしてきたが、この際、私たちが理想とするような未来派「学会」をつくってしまえと、「いいだしっぺ」になってしまった。リコリスさんや蜂蜜さんにも参加してもらい楽しくやっている。mixiで、このようなことするのははじめてであるし、私にしては、すごい重大ニュースである。

3 「科学史セミナー」を姫路で実施する。
8月26日。兵庫県立歴史博物館の地階ホールにて3人のお話を聞いた。
     阪本尚生さんの話    忘れられた植物学者(大賀ハスの大賀博士)
     森本雄一さんの話    独逸・瑞西 アインシュタインの旅
     森裕美子さんの話    石原純・アインシュタインを日本に紹介した物理学者
      -- 手紙という記録 --石原純、斎藤茂吉、伊藤左千夫、寺田寅彦等、自筆の手紙を公開
これは、ほんと楽しかった。このあと久しぶりに6名(シジュウカラさん、ゴルジ体さん私を加えて)で【理科の部屋】オフもやった。私にとっては、今年最大のイベントだったかも知れない。来年以降も、第2回、第3回・・・をやっていきたいものである。また、これをきっかけに、今はやりの「サイエンス・カフェ」というのもいいな。

まだまだあるがひとまずここまで   

|

« 「御用納め」だ。 | トップページ | 今年の重大ニュース(2) »

コメント

こんばんは。今年もあと2日となりました。ふり返ってみれば、なかなか実り多き年でした。私の重大にニュースにも3の姫路オフ会が入ります。9月以降は忙しさにかまけて記憶の底に沈んだけど、オフに入った今ふり返ると、その感動が蘇ってきます。次は逗子のリカハウスでしょうか・・・それとも南蔵王の麓、それとも熊楠顕彰館?

投稿: sakamoto | 2007/12/29 19:50

阪本さん コメントありがとうございます。
その節は、ほんとお世話になりました。
あんな至福のときというのは、そうそうないですよね。
感動ものでした。
阪本さんとも「やっと」会うことができた。もう10年以上一緒に【理科の部屋】でやってきていて、まだお会いしたことないなんて、不思議。はじめてお会いした阪本さんは、いつも【理科の部屋】で「対話」している阪本さんだった。
直に「大賀ハスの蓮」の話を聴けたのもよかったけど、オフで話をしたのも最高!!
なんの隔たりもない、気遣いも必要ない、お互いがお互いのこと理解しあっているから、中味だけの話がストレートにできる。

>次は逗子のリカハウスでしょうか・・・それとも南蔵王の麓、それとも熊楠顕彰館?

ほんと、どこからやりましよう。
考えるだけでもワクワクしてきますね。o(^o^)o ワクワク

投稿: 楠田純一 | 2007/12/30 02:19

こんばんは。
今日、年賀状を出しました。朝からかかって結局投函したのは午後の4時過ぎ。デザインに1時間、プリントアウトに2時間近くかかりました。それに一言添えるのに3時間ほどかかりました。
明日は身辺の掃除をします。

>今はやりの「サイエンス・カフェ」というのもいいな。
石塚さん達がやられているカフェはプロの科学者を呼んできての話ですね。誰か赴いてくれるサイエンティストがあればいいのだけど・・・
大学の研究者との交際がないから分からないけど、自分の専門はもとより、自然への関心や科学という営みについて関心を持っている研究者ってどのくらいいるんでしょうか。職業人である前に自然の探求者というモチベーションをどれくらい持っているのかな?

投稿: sakamoto | 2007/12/30 19:45

阪本さん こんばんは。
やっぱり阪本さんの方が、仕事てきぱきやられるな。
私の方は、やっと阪本さんが終わった時間ぐらいからはじめました。それまで車をスタッドレス交換に行ったり、今日はWeb定例更新の日なもので、校庭に表紙画像を撮りにいったり等々。
今やっと印刷にかかり、プリンターがうるさく動いています。

「サイエンスカフェ」だけど、【理科の部屋】流で考えたいな。
「研究者」といっても大学人に限らない、その気で捜せば身の回りにおられるような気がします。
 最近、SNSで知り合った方なんかを考えたりしています。(今は、私の一方的な思い入れだけなんですけど・・・)
花屋さんだって、魚屋さんや百姓だってだって、その視点に立てばりっぱな「研究者」だ。
「常民の科学」の「科学者」はいっぱいおられる。
というのは我田引水がすぎるかな。

大学人だってまんざらではないですよ。【理科の部屋】にこられているような方だったら、結構ひきうけてくださるのではないかな。ちょっと楽天的だけど、気長に「発掘」していきましょう。
それもまた楽しい。

投稿: 楠田純一 | 2007/12/30 21:03

もう、年賀状は出来ましたか?

>花屋さんだって、魚屋さんや百姓だってだって、その視点に立てばりっぱな「研究者」だ。
>「常民の科学」の「科学者」はいっぱいおられる。
>というのは我田引水がすぎるかな。
この視点、いいですね。「常民の科学」は果たしてscienceかどうかは議論のあるところだと思いますが、優れた経験知の体得者からの話も違った意味で刺激となるでしょうね。

投稿: sakamoto | 2007/12/30 22:39

おはようございます。
あと一日ですね。(^_^;)
昨日は、阪本さんにコメント書いたあと眠ってしまいました。
だから、年賀状は、印刷だけはやってしまいました。宛名書きは今日からです。まず、ちょっとこちらの方を楽しんでおいてからですね。やっぱり休みはいいな。
ソノハナシハ\(^^\) (/^^)/コッチニオイトイテ

|この視点、いいですね。「常民の科学」は果たしてscienceか|どうかは議論のあるところだと思いますが、優れた経験知の体|得者からの話も違った意味で刺激となるでしょうね。

やっぱり、阪本さんはするどいな。
コメントがいつも的を射てますね。
そのとおりです。
「常民の科学」派の私として、りっぱな「科学」だと思っているんですが。これについて詳しくは時間かけて議論をしていきましょう。これは、私のライフワークになるだろうと思っています。

投稿: 楠田純一 | 2007/12/31 04:11

こんばんは。今年もあと4時間余となりました。朝から自室の整理をしていますが、この1年で買った本が意外に多く、どこへ収納したらよいのやら、思案しています。以前のように衝動買いは出来るだけ控えるようにしてきたのですが・・・本棚はすでにキャパシティーを超えています。捨てるには忍びないし、売っても二束三文だし・・・来年は廊下に本棚を作ってもらおうかな。
ともかく、本年も色々お世話になりました。来年はお互い、さらなる発展の年でありますように!

投稿: sakamoto | 2007/12/31 19:49

どうも、コメントありがとうございます。
年賀状、やっと投函してきました。
本ですね。阪本さんはほんとよく読んでいるからいっぱいなんだろうな。
 私は、これも整理ベタだから、たまってきたら段ボールにつめて納屋に移動です。もう、ひょっとしたら二度とみないだろうと思いつつ。
 今年読んだ本ベスト3は、今日のblogにあげた通りです。
三冊あげているんだけど、うれしいことがあるんですよ。気づかれましたか。
 『これからホームページをつくる研究者のために』の著者からトラックバックがかかっているんです。\(^O^)/
つながっているんだ。実感ですね。
もうひとつは、今紅白ちょっと見ていたら、『フューチャリスト宣言』の茂木健一郎が審査委員として出ているんだ。さすが、時の人なんですね。
なんか、今を生きているんだと実感する大晦日です。
もう数時間後の来年もよろしく。

投稿: 楠田純一 | 2007/12/31 20:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の重大ニュース:

« 「御用納め」だ。 | トップページ | 今年の重大ニュース(2) »