« 【Web更新12/9】寒ツバキ | トップページ | 未来は変えることができる »

授業【実践DB】を創るとは

▼【理科の部屋4】@folomyで、理科授業【実践DB】の構築を提案している。けっして新たな提案ではない。【理科の部屋】、インターネット版【理科の部屋】ができた当時からの提案である。
 ひょっとしたら「授業」をする誰もが思いつくことであり、願ってきたことかも知れない。でも、それは、これまではいろんな克服すべき課題がありすぎて具現化できなかったことであるのかも知れない。
▼単なる大風呂敷を広げての法螺話になるのか。夢物語でおわるのか。それは、わからない。
このようなことを考えていくとき、私がいつも思い出す一文がある。もうずいぶんと以前に書かれた文章だが、次のような一文である。

森山和道さんが『ネットワークと教育』と題して書かれた文の一節である。

『マルチメディア時代──とは、10年に一度しか閲覧されない資料を、どんどんどんどん蓄積していく時代なのかもしれない。そういう風に考えていくと、別に教育現場にコンピュータ・ネットワークなんか必要ないんじゃないか──そんな風に思えてくるかもしれない。しかし、それは違う。各人が全く違う目的で蓄積したデータベースや、全く違う目的のために造られたネットワークがシームレスに繋がっていくのが「ネットワーク時代」である。全く違う知識・思考方を、全世界規模で共有することができるのだ。例えば、それぞれの教師が自分の授業ノート・データベースを構築し、公開する。それは巨大な授業のデータベースとなるだろう。それだけで、全く違う授業が生まれるかもしれない。』

書かれたのはなんと、12年も前にである。
▼なんと今日的で示唆的な提言あろう。ここで森山さんが言うところの『授業ノート・データベース』を構築していくことからはじめようと言うのが、私の授業【実践DB】づくりの提案の意図するところである。
日本全国いたるところ理科室で、同じような教材を使い、実験をやり「授業」が行われているのである。
この全国の理科室がつながれば、どんなことになるだろう。
比較的簡単に、「つながる」ことができる環境が整いつつある今。
まずやりたいのは「これ」なんだ。という思いがある。

|

« 【Web更新12/9】寒ツバキ | トップページ | 未来は変えることができる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【Web更新12/9】寒ツバキ | トップページ | 未来は変えることができる »