« 今、「俳句」が面白い | トップページ | 柳田國男が、「今」生きていたら »

ヒガンバナの実(種子)

11270011

▼ 先日(11/25(日))にみつけてきたヒガンバナの実(子房部のふくらんだもの)を、花瓶に水を入れ育てることにした。もう枯れたかと思われた花茎も水をあたえると、シャンとした。やっぱり植物にとっての水というのは大切なものなんですね。ヒガンバナの方も、葉の季節になると、そちら水も栄養も行ってしまうでしょうね。
▼さて、これは、あの黒々とした種子にまでなりますか。

 ◇2005年の「私もみつけた!!ヒガンバナの種子」
 http://homepage3.nifty.com/kusudadb/Higan/2005higan/kusuda-tane.htm

と同じようになってしまうのでしょうか。
この方法で、過去にも多くの人たちが、「種子」を育てるのに挑戦していますね。
今年も、こんなことやっている人が全国には何人かおられるように思う。
「日本ヒガンバナ学会」は、そんな情報交換するために設立されてた。
ささやかにして「偉大なるプロジェクト」である。 

|

« 今、「俳句」が面白い | トップページ | 柳田國男が、「今」生きていたら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今、「俳句」が面白い | トップページ | 柳田國男が、「今」生きていたら »