« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

ヒガンバナ定点9/30(土)

09300004
 9月も終わりである。まったく気配すら見せなかった9月はじめからの定点観測であるが、10月に入っても定点観測は続けたいと思う。今日は、朝の散歩で昨年に「種子」を見つけた場所に行ってみたが、今年は、ヒガンバナの花茎が伸びてから草刈りをされたようで無惨な姿となっていた。
開花情報の後は、「種子」情報について、全国各地から情報が寄せられるのを待ちたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒガンバナ定点9/29(金)

09290009
 どんどん白っぽくなって、あの燃え立つような赤が徐々に消えていっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒガンバナ定点9/28(木)

09280014
 79本が一度に開花しているのは、なかなかの圧巻である。色褪せだしたものもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒガンバナ定点9/27(水)

09270010
 今日も、早朝から写真だけは、撮っておいて、真夜中の更新になった。ここのところ帰宅が遅いので、車のヘッドライトでの観察が続いている。群生地が照らされたとき、あまりのすごさにしばし、車を停めてヘッドライトを上にあげ観察する。闇の彼岸花というのもなかなか妖艶ですばらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒガンバナ定点9/26(火)

09260009
華の宴 すぎてなおさら 
            思い馳せ
 
 06/09/26(火)撮影@福崎
 
 画像右の方に注目してください。昨日、近くまでアスファルトが・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒガンバナ定点9/25(月)

09250015
 どんどん花が盛りとなり、少し白みを帯びて、次の段階になったものもある。
今日は、月曜日で全校集会で、話をする機会があったので「ヒガンバナの一生」の話をさせてもらった。さっそく下校時に交通立ち番をしていた先生から、「ヒガンバナの観察をしていましたよ」という話を聞いてとてもうれしくなった。この後、葉の季節になっても観察を続けてくれたらうれしい。今度、機会があれば、「どうして仲間を増やすのか」の話をしたいものである。500人以上の観察者がいたら、「大発見」もあるかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒガンバナ定点9/24(日)

09240004
届けたい 彼岸の君へ 赤く燃え
 06/09/24(日)撮影@福崎

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ヒガンバナ定点9/23(土)

09230005
いよいよお彼岸の中日である。みごとの一言ですね。ここにきっちり照準をあわせていたがのごとく開花です。
お墓まいりどころか、親戚にお葬式ができてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ヒガンバナ定点9/22(金)

09220003
 今日は、このヒガンバナに「危機」が訪れたと聞いた。前から話は少し聞いていたのだが、我が家の前が舗装されるそうだ。そのための整地に工事の方がみえたようだ。へし折られ、踏みつぶされる寸前に、その部分だけストップを妻がお願いしてくれたようだ。目印に棒をたてておいたのだが、そのすれすれところまで整地されていた。(^_^;)事情を説明すると、不思議そうな顔をしておられたそうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒガンバナ定点9/21(木)

09210003
 のびきったり あとは咲くのみ  思い込めて
      06/09/21(木)撮影@福崎
 花茎は伸びきったという感がありますね。後は、燃え立つように咲くのみですね。
バックの稲穂は今日かぎりですね。黄金色の稲穂とヒガンバナは、絶妙の取り合わせですね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒガンバナ定点9/20(水)

09200024
季節(とき)来たり 彼岸の入りと 誰が告ぐや
  06/9/20(水)撮影@福崎 

 顔を出してのびて来た花茎は、ざっと数えて73本になっていました。数えてみてあらためて、驚いてしまいましたね。開花寸前まで来ましたね。誰が教えたんでしょうね。今日が彼岸の入りであることなど・・・。開花時期については、いくつかの研究が進んでいるようですね。気温(地温)、降水量(水分)などが関係しているんでしょうか。それにしても、毎年繰り返されるこのタイミング、「すごい」とか言いようがないですね。

 巾着田のヒガンバナどうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒガンバナ定点9/19(火)

09190026
開花間近な状態になってきたようである。「浮き株」の周辺からも、花茎の芽が出し伸びてきている。この調子でいくと、今年もかなりの数の花が期待できそうである。
 ネットの世界でも、開花情報が続いている。ヒガンバナに魅せられこれを追いかけ観察する人はずいぶん以前から多い。そのなかでも、かなり以前から開花情報を発信している先駆的なページを紹介する。熊本国府高校PC同好会のヒガンバナ開花情報(2006)のページである。開花情報にとどまることなくコヒガンバナ(2倍体)や育苗日記等々関連情報満載である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒガンバナ定点9/18(月)

09180068
スルスルと 伸びて勢い 彼岸まで

06/09/18 (月)撮影@福崎

ものすごい勢いで花茎がのびてきている。この原動力はどこにあるのだろう。
この秘密は「彼岸花の一生~一年間をかけたみごとな戦略~」を読んで欲しい。
 これを植物学習に生かさない手はないだろう。すぐれた教材である。
これまでの取組の総決算として、なんとか授業テキスト「彼岸花」をつくりたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒガンバナ定点9/17(日)

09170020
一日でもずいぶん伸びています。びっくりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヒガンバナ定点9/16(土)

09160015
すごい勢いで発芽していきますね。その数は、もう優に20を越えたようですね。
明日は体育大会である。なんとか天気がもってほしいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒガンバナ定点9/15(金)

09150004
一挙にたくさんの花茎が芽を出しだした。これはこの後がうんと楽しみだ。
近くの畦道でも、すでに開花した

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒガンバナ定点9/14(木)

09140006
 ついに花茎の芽が出た。さあ、これからどんどん伸びていくかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒガンバナ定点9/13(水)

09130005
天気も悪いですね。台風の動向も心配ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヒガンバナ定点9/12(火)

09120008_1
 定点観測地には今日も変化がない。周辺には花茎に変化があらわれているというのに・・・。
今日は、なつかしいメールをいただいた。それは、ヒガンバナ情報の先駆者 谷本泰正さんからのメールで知ったのだが、10年前の「ヒガンバナ情報96」が残っているということである。私も書き込んでいる。なつかしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒガンバナ定点9/11(月)

09110006
朝から、ほんと涼しく一挙に秋めいてきた。しかし、定点観測地に変化はない。条件の少しちがう別の場所では、昨日はじめて見かけた花茎はさらにのびていた。
 いつになったら・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒガンバナ定点9/10(日)

09100029
 今日は、朝から道普請で隣保で道の草刈りをやった。ついでに、定点観測地の周辺も草刈りをした。これでずいぶん観測しやすくなった。さらには、雨がたくさん降り、水分もたっぷりである。今日の朝の散歩では、別の場所で花茎が芽を出しているのを発見した。今年はじめてである。
 今年の【ヒガンバナ情報2006】も作成した。今年のページには、どんなこと書き込まれるだろう。楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒガンバナ定点9/9(土)

09090006
 定点観測をはじめて一週間。大きな変化はない、この週末に変化は現れるのだろうか。天気は、いまひとつである。まわりの草が少し、観察の邪魔になりそうだ。なんとかしなければ・・・。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヒガンバナ定点9/8(金)

09080011
 朝の散歩道、もうそろそろと捜してみるが、見あたらない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヒガンバナ定点9/7(木)

09070005_1
 雨です。この雨で、ヒガンバナは目覚めるかもしれない。なんて考えながら、定点観測地のヒガンバナの画像をあげる。新学期はじまって、ずっと朝に車に乗る前に、ヒガンバナにデジカメを向ける。私流の「こだわり」をアップしつづけてみようと思う。
 もっとすごい人がいる。この人が彼岸花情報を発信し始めたの古い。このネットの世界に「彼岸花」を持ち込んだ先駆者かもしれない。岡山の谷本泰正さんだ。かれは、なんとヒガンバナにライブカメラを設置しておられるのだ。今年はなんと,blogとgoogleMapの機能を使って彼岸花情報をまとめるということも試まれるようだ。さすがである。
全国から、どんな情報が寄せられるのか。楽しみである。o(^o^)o ワクワク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒガンバナ定点9/6(水)

09060005
 定点観測地の「浮上株」をみながら、松江幸雄さんのことを思い出した。松江さんは、ヒガンバナを追いかける我らが先達である。ヒガンバナを追いかけることにかけては、第一人者であろう。お会いすることなく故人となってしまわれた。
 「遺伝」(1997年4月号・51巻4号(裳華房))の「ヒガンバナの繁殖---32年目の株を掘る---松江幸雄」によると、彼は1965年、ヒガンバナ分球調査のため一球ずつ5箇所に植え、その後、株の成長と花茎数について観察を続けたという。そして、なんと32年間観察を続け、それを掘り出したという。
 ここまでくると、執念である。半端な思い入れではない。「研究」とは、こんなことを言うのだろう。そして、32年を経過したヒガンバナの球根一個は、926個になったという。
 実も種子もつくらない日本のヒガンバナが、どうして増えたきたのかに答える。きわめて説得力のある研究報告である。彼がどれほどの愛着を持ってヒガンバナを追いかけていたかもわかる。
私など、足元におよばぬ「こだわり」ようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒガンバナ定点9/5(火)

09050006_1
 定点観測地のヒガンバナを連続して観察するのは、ずいぶんと久しぶりのこととなる。99年に「ヒガンバナの観察日誌」と題して、ヒガンバナの花茎が伸びる頃から、葉が出てしまうまでの50日間の連続観察記録を残している。それから7年もたっている。毎年「ヒガンバナ情報」のページには、目玉となるような取組をアップしている。今年は、原点に立ち返り、葉がのびてくるまで、徹底し観察してみようという気になっている。
blogでの展開ということで、なにかまた新たな展開があればと、少しばかりワクワク気分である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒガンバナ定点9/4(月)

09040012
まだ、変化はみることができない。
今年は、ちょっと久しぶりにこの「定点観測」にこだわってみたいと考えている。
定点観測の場のようすを連続で見ていくようにしたい。
 きっとまた新しいものも見えてくるだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヒガンバナ定点9/3(日)

09030007
浮き株に まだかと問うや ヒガンバナ

06/09/03 (日)撮影@福崎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

センニンソウ

09020015
 街道を 清楚に飾り センニンソウ
  06/09/02(土)撮影@福崎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベニバナさらに色づき

09010014
 遅れても なお色づき ベニバナに
  06/09/01(金)撮影@香寺

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »