« はやくもコスモスが | トップページ | これからの「理科自由研究」 »

ミョウガの味

07260002
  台風7号の播磨直撃はのがれることができた。みなさんのお住まいのところはどうだろう。あまり大きな被害がなければよいのだが・・・。
  昨年のことがあるので、これまであまり無縁と思っていた台風にも過敏になる。
 
 さて、このごろ食卓に大好物のミョウガがのぼりだした。
なんともうれしいです。Y(^^)ピース!
そうめんのやくみとして、きざんで味噌と一緒に食べたりすると最高である。
 あー、夏なんだなあ。と舌から実感する。
こんなのいつから、人は食べているのだろう。
これを食べると「物忘れがはげしくなる」と。誰が、そんなこと言いだしたのだろう。この味をひとりじめしたい人間の考えだした方便なんだろうか。
 
 我が家の家紋は「だき茗荷」である。そこからして、茗荷と縁があるのだろうか。
茗荷のルーツをたどってみたくなりました。思わぬ発見がありそうだ。こんなところにも自由研究ネタがころがっていそうな気がする。
 

|

« はやくもコスモスが | トップページ | これからの「理科自由研究」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミョウガの味:

« はやくもコスモスが | トップページ | これからの「理科自由研究」 »