« Webフォーラム【理科の部屋3】へ | トップページ | 佐伯 胖先生の講演 »

AirCraftとの出会いが

03010005 ここに古びた一冊のムック本(写真)がある。12年前の夏休み、私は少しイライラしながら過ごしていた。恒例の理科の研究会にも参加できずに少し欲求不満状態にあったのである。
 町の本屋でなにげなくこの本を手にしたのである。パソコン通信をはじめていた。「まいと~く」という市販の定番ソフトをつかっていたように思う。もちろんNIFTY-Serveにも出入りしていた。
 慣れないパソコン操作に加えて、この当時、従量制で、使った時間によって、料金が決められていたの限られた時間内に操作しなければたいへんなことになる。そんなとき、このムック本で出会ったAirCraft(NIFTY-Serve専用 自動巡回ソフト)は、私の通信生活に画期的な変化をもたらす。オートパイロットをいとも簡単に実現してくれていたのだ。この出会いにより、私は出来たばかりの「教育実践フォーラム」に、【理科の部屋】独立宣言なる文章を書き込むことになる。そして、93.11.23に、【理科の部屋】は誕生する。
 それ以降も、ずっとAirCraftのお世話になりつづけてきた。DOSの時代から、Windowsの時代に変わろうとも同じであった。あれから、11年と半年の年月が経った。そして、今、パソコン通信は終焉を迎えようとしている。
 このAirCraftともさよならのときが近づいている。少しオオバーであるかも知れないが、ひとつのソフトとの出会いが人生を変えたのだ。

|

« Webフォーラム【理科の部屋3】へ | トップページ | 佐伯 胖先生の講演 »

コメント

僕もエアークラフトがなかったら、パソコン通信を続けなかったでしょうし、理科の部屋と巡り会うことがなかったと思います。

Webフォーラムへの飛行準備がまだできなくてオタオタしてます。

投稿: 薬師 | 2005/03/02 21:51

 薬師さんも、エアクラ派でしたね。もう、あれから11年の年月が流れようとしています。なんとも、なつかしくもあり、寂しくもあります。
 パソ通よさよなら、エアクラよさようなら

 Webフォーラム、私はCMNに落ち着きそうです。

投稿: 楠田純一 | 2005/03/03 04:19

私は、NifTeam派でした。巡回ソフトに出会ったとき、なんて便利なものがこの世にあるのだろうかと感動したものです(^_^;。
 引き続きNif-XでWebフォーラムにアクセスしようと思います。まずは発言しなくては・・・。

投稿: kow1 | 2005/03/06 07:17

渡辺さんコメントありがとうございます。
トラックバックもありがとうございます。
 NifTerm派だと、Nif-Xに移行しやすいからいいですね。
 では、【理科の部屋3】でこれからも宜しくお願いします。

投稿: 楠田純一 | 2005/03/06 08:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AirCraftとの出会いが:

« Webフォーラム【理科の部屋3】へ | トップページ | 佐伯 胖先生の講演 »