« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

タンポポ調査・近畿2005

sirobanatanpopo1215 シロバナタンポポの話題から、豊岡のよっくんに「タンポポ調査・近畿2005」という面白そうなプロジェクトがあることを教えてもらった。一口にタンポポと言っても、なかな奥が深いようである。生徒たちと一緒に参加できるといいのにと思っている。
 これまでにはよく連休中の課題として「タンポポの研究」というのをだしていた。舌状花の数を数えたり、根っこ堀りをしたりなかなか面白い報告があった。この調査と連動してやってみるのもおもしろかなと思っている。

 暖冬のせいもあるのだろうか。師走の今も、畦道にはタンポポをけっこう見かける。四国の蜂蜜さんからはシロバナタンポポの画像を引き続き送っていただいている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シロバナタンポポとバナナの顕微鏡観察

sirobanatanpopo1213_1今日も、四国香川の蜂蜜さんより、シロバナタンポポのきれいな画像おくられてきた。Web版「はしりもの・かわりだね」の『シロバナタンポポみ~つけた』で紹介中のところであるが、今は四国にすんでおられる蜂蜜さんは、九州のご出身で、幼いころはシロバナタンポポの方ばっかりみておられて、タンポポは「白いもの」と思っておられたとか。
 四国にシロバナタンポポが多いと聞いていたので以外でした。そう言えば、群馬の方でそんなことおっしゃっている方の話も聞いたことあります。それにしても、この時期のタンポポとは、暖冬故ですかね。

 今日の3年選択理科の授業では、「バナナ細胞を見る」をやりました。バナナの皮をむいてスライドガラスに少しだけこすりつけて、ヨウ素液で染色してみます。実に簡単にヨウ素液に染まったデンプン粒がウジャウジャと見えます。これが、糖に変わって、あまいバナナになります。葉緑体の観察とセットでみせるといいですかね。今日は、バナナだけでしたが。ちょっと感動ものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Web更新と部屋の整理

12120003
 日曜日、久しぶりに家にいることができた。定例のWeb更新をする。まだ表紙画像が決まっていない(^_^;)
朝のクリーン作業の空き缶拾いを終えて、朝の散歩がてら、ウロウロする。休耕田のハキダメギクが目につく。それにしてもひどい名前をつけたものだ。「ハキダメ」とは・・・。誰がこんな名前をと思ったら、牧野大先生らしい。名前に反して、可憐にさくその花は、愛おしくもある。
 そこで一句「冬の田や ハキダメギクの 愛おしく」

 今日こそと部屋を片付けはじめるが、ふだんほったらかしにしているもんだから、一筋縄では、いかぬ。
意欲もなかなか湧いてこない。ちょっとその気になってきたのは、結局夕方からである。
 ああ・・・。(^^;ゞポリポリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ゴシタマ」って知っています。

 今朝、もう「ジャノヒゲ」の実は熟したかとのぞいてみた。まだのようである。
 ところで、これを私たちの地方では、「ゴシタマ」と呼んでいた。これを紙鉄砲の弾として使って「ゴシタマ鉄砲」なんて呼んでいた。熟すのが楽しみである。なんとも、あたたかな朝である。ほんとに師走かな。

12050020.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »