36号コウガイビルはエサなしで8ヶ月生きのびた!! #コウガイビル

_dsc7516
▼それは浅学無知な私の常套手段だった!!
 思考が暗礁に乗り上げとき、きまって「そもそも論」を持ち出すのだった。

 そもそも「生命とは何か」!?

2017.6.20に庭の植木鉢の下からみつけた36号コウガイビル(私が人生で36番目に出会ったコウガイビル)。
 少量の水と一緒にナイロン袋に入れた。
 エサはいっさい与えなかった。夏の高温を乗り切るために農業用冷蔵庫にいれた。(常時10℃前後)
 8ヶ月たった昨日、ナイロン袋を外に出してみた。
 最初は蜷局をまき黒いかたまりだった。陽が当たり少しあたたかくなってくると、あのイチョウの葉のような頭をヒラヒラさせながら動き始めた!!
 いちばん伸びたときで全長3~4㎝だ。
 若干小ぶりになったような気がする。しかし、間違いない!!

 生きている!!

 その姿を観察していると やっぱり出てくる言葉は
 「そもそも…」ナノデアル!!

▼あの量子力学のシュレーディンガーが名著『生命とは何か』を著わしたのは1944年だった。
 分子生物学のはじまりだった!!
 その著のなかでシュレーディンガーはこう言った。

 生物体は「負のエントロピー」を食べて生きている

 「負のトロピー」?(゜_。)?(。_゜)?
 36号くんにあてはめてみよう。
 36号くんは自らを「食べて」、体全体を作りかえて生きている。
 「再生」を繰り返している。
 あの体の断片のようなゴミはなんだろう?
 自らの体も「負のエントロピー」となりうるのか?
 
 いったい分子レベルでこの8ヶ月ナイロン袋のなかで何がおこっているのだろうか?

▼もっともっと勉強しておけばよかった。これが正直な実感である。(^^ゞポリポリ
 今さら、後悔してもしかたない。
 
 36号くんが、もしあと一ヶ月生きのびれば、261日生きのびた第1号コウガイビルにかわって新記録樹立だ!!はたして…

 それまでに究極の不思議「生命とは何か」の謎解き少しは進むかな。

_dsc7452

_dsc7458

_dsc7552

_dsc7490

_dsc7432

_dsc7420


 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月のオンライン「寅の日」は #traday #寺田寅彦

_dsc7352_2

▼昨日(2018/02/19)は「雨水」(雪も雨に変わる頃)だった。
 なんと的確な読みだろう。感心するばかりだ!!
 アメダスで確認したら、-1.1℃までしか下がっていなかった。

 私はまだまだ「Wコップの氷」の「ふしぎ!?」を追いかけていた。

 逆さまにする以上の次なる一手を思いつかないでいた。
 もうあの「ストロー氷」に三度出会うことなく冬は過ぎてしまうのだろうか。
 「根毛のようなもの」「透明プリン」の正体は?

 こんなときあの寅彦ならどんな観察をしただろう?
 どんなDataをとっただろう?

_dsc7354

_dsc7358

_dsc7330


▼2018年3月のオンライン「寅の日」の計画を立てる時期だ。
 ここ何年かの3月のテーマは決まっていた。

 警鐘「天災は忘れた頃にやってくる」

である。3月は2回あった。
そのうち一回はなんと「3.11」当日だった。

■2018年3月オンライン「寅の日」

◆第186回オンライン「寅の日」 …3/11(日)
◆第187回オンライン「寅の日」 …3/23(金)

▼よく話題になることであるが、有名なあの警鐘「天災は忘れた頃にやって来る」をズバリ書いた随筆はみあたらない。ふだんからよく口にし、それを示唆するような随筆はいろいろある。
 私はこれまでのオンライン「寅の日」の取り組みから、「天災は忘れた頃にやって来る」三部作を勝手に決めていた。
・「津浪と人間」(1933年・昭和8)
・「天災と国防」(1934年・昭和9)
・「日本人の自然観」(1935年・昭和10)
である。いずれも最晩年3年間に書かれた随筆である。
 私たちはこれを繰り返し、繰り返し読んできた。警鐘の本意が少しずつわかってきたような気がしていた。
 今年の3月もそれで行こうかと思っていたが、少しだけ視点をずらして、「津浪と人間」と同じ昭和8年に書かれた「神話と地球物理学」を読むことにした。
 寅彦があの手、この手を駆使して警鐘を鳴らしつづけていたことがよくわかるだろう。

■2018年3月オンライン「寅の日」

◆第186回オンライン「寅の日」 …3/11(日)「神話と地球物理学」(青空文庫より)

◆第187回オンライン「寅の日」 …3/23(金)「天災と国防」(青空文庫より)

▼昨日、「寺田寅彦記念館・友の会」会報「槲(かしわ)」81号が届いた。
 今年の友の会の総会、記念講演は平成30年4月22日(日)と書かれていた。
 そして、待望の「寺田寅彦の銅像」の除幕日は平成30年7月24日(予定)となっていた。
 
 これに合わせての計画をたてて行きたい。
 
 今の自分の「仕事」を考えるとき、このオンライン「寅の日」こそがいちばんの本命の「仕事」(それをライフワークとも)なのかも知れない。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新2/18】18-07 「サイエンスコミュニケーター宣言」 等 更新!!

_dsc7223


助走する春の光やホシノヒトミ 18/02/17撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】18-07
週末定例更新のお知らせ
 ここのところ、ちょっと真面目に「仕事」について考え始めている。
 あれ ?(゜_。)?(。_゜)?
 「仕事」はもうやめたんでは!?
 その方の「仕事」ではなく、少し大袈裟に言えば人生の「仕事」についてである。
 真面目にと言っても、「面白く 愉しく」が大前提である!!

◆表紙画像集2018 更新 ホシノヒトミ(オオイヌノフグリ)
 今年もいよいよホシノヒトミの季節がやってきた!!
 この季節がやって来る度に、「イヌノフグリ」やめて「ホシノヒトミ」を提唱する!!
 何年前だろう。
 「イヌノフグリ」を検証してみたことがある。(^^ゞポリポリ
 昔の人の観察眼に感服したことがある。
 タネの発芽実験にも挑戦したがまだ成功していない。

◆「サイエンスコミュニケーター宣言」 更新!! 
 「サイエンスコミュニケーター宣言」はじめてまもなく7年が終わる。
 関連して、妙なシリーズを思いつきではじめてしまった。
 題して、
 ・私の「科学」雑話
 要するに「雑話」であるから、ナンデモアリ !!
 当分は「マッチ」を追いかけてみるつもりだ。

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 いろんな取り組みを同時並行して進行しているが、このオンライン「寅の日」は、これまでにいちばんやりかった取り組みに近づいてきたように思う。
 8月の末、もしくは9月のはじめに200回達成記念オフを企画したい。
 できるだけはやく日程をきめたいものだ。

 さあ、今週の「仕事」はどこまで進むだろう。
 面白く 愉しく やれるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の「科学」雑話(2)

_dsc7149
▼蓮根の植え替えから43週目の大賀ハス観察池。
  微妙にデリケートな氷が張っていた。その模様が何かを語っているように思う。
 「Wコップの氷」も微妙だった!!
「ふしぎ!?」の謎解きはいっきょには進行しない。

 「ふしぎ!?」を保留しつづける!! それを「科学」とよぼう!! 

▼私の「科学」雑話 第1弾の

◆「マッチ一本 化学の元 !!」プロジェクト

の概要を今一度まとめておこう。

なぜ今、私は「燐寸(マッチ)」に注目するのか!?

・理科室のマッチが今、「風前の灯火」だ!!
・こんなすぐれもの「教材」の火を消してはならない!!
・マッチでなければできなない理科実験がある!!
・「より簡単に」「より安全に」の歴史は近代化学の歴史である!!
・マッチづくりは誇りある姫路の地場産業だ!!全国生産の7~8割がココで!!

思い入れは強い!!
ではどうするか!? それは少しずつやりながら考えてみる。

▼まずは「歴史」だ。
 この驚異の「発火」道具はどのように開発されていったのか。
 「より簡単に」「より安全に」の近代化学史そのものではないか。
 
 どんな経緯を経て、姫路の燐寸!!となったのだろう?

実にくわしい歴史が紹介されていた。アリガタイ!!

◆マッチの歴史(「マッチの世界」 日本燐寸工業会)

実にスバラシイ\(^O^)/
年表もくわしくわかりやすい。「日本の化学史」の勉強にもなる。
面白い!! 必見ダ!!
 年表見ながらいつもひとつ疑問をいだくんだ!?
 ファラデーが『ロウソクの科学』(1860年)で使った着火道具はなんだったのか、マッチだったのだろうか?

▼地元だからこそ可能なこともあるはず!!

 まずマッチはどのようにしてつくられるのだろう?

 なんともアリガタイビデオがあった!!

◆ THE MAKING (101)マッチができるまで (サイエンスチャンネル 科学技術振興機構)  

これまたとてもわかりやすく面白い!!
そして なによりうれしいのは 協力機関として

地元「神戸燐寸株式会社」の名が…!!
ひょっとしたこの目で実際に「見学」することも…それを考えるとワクワクしてきた。o(^o^)o ワクワク

(つづく)

_dsc7139

_dsc7140

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の「科学」雑話(1)

_dsc6894
▼また少し「冬」がもどってきた。
 田んぼにも氷が張っていた!!
 私は偶然始めた「Wコップの氷」の実験を続けていた。その日の冷え込み具合で、まったく違ったものが観察された。それは何を見ているのかの謎解きはまだまだ先のようだ。
 Wコップ逆さまにしたら、「透明プリン」(液体の水)の部分に瞬間、白いモヤモヤが…。
 瞬間生半可な知識「過冷却水!!」というコトバが…。

▼私には今さらどうしようもない2つの持病があった。
 2つの持病は相矛盾するものだった。
 
 「ばっかり病」と「あれもこれも病」デアル!!

 「ばっかり病」の方は発症を自覚したときはもう時は遅しデアル。そのことしか頭にない状態になる。今なら「Wコップの氷」「氷」である。
 「コップのなかの氷がどのようにしてできるのか?」そればかりが気になって仕方ないのである。
 かなり重篤化していることは確かだ。
 ここからが自分でも理解できないだ不思議な性格だ。こんなときにかぎってまったく別のことが急に気になってきたするのである。
 これが「あれもこれも病」だ!!
 「ばっかり病」からの逃避行動だろうか!?
▼私は、このblogになんでもかんでも「記録」してきた。
 「ばっかり病」ネタはもちろんである。
 「あれもこれも病」関係も脈略もなく「記録」してきた。
 あくまで未来の自分のための「覚え書き」のつもりで。
 最近の体調不良で、「このblogをいつまで続けることができるだろう?」ということを少し考えてしまった。
 そこで思いついた!!

 「あれもこれも病」関係のことも忘れぬまに綴っておこう!! 

 題して
 ◆私の「科学」雑話 シリーズ!!

 もうひとつのネーミングだ。また変更するかも知れないが、ともかく今ははじめことが肝心だ!!

▼なにがとびだすか私にもわからない。
 それって「科学」となんか関係あるの!? ということも。
 そこは あくまで 思いつきのフリーハンドだ。

 その第一弾の雑話は ずいぶん昔からあたためているプロジェクトについてである。

◆「マッチ一本 化学の元 !!」


 7年前には頭にあったようだ!!
 「醸成」するには充分な時間がすぎていた。
 さあ、ゆっくり ゆっくりはじめよう。

(つづく)

_dsc6898

_dsc6909

_dsc6932

_dsc6973

_dsc6989

_dsc7012

_dsc7048

_dsc7076

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中谷宇吉郎『「霜柱の研究」について』が面白い!!

Dscn8333
▼「Wコップの氷」実験の次なる一手を模索していた。
 昨日の朝はいっきょに春めき、氷の気配すらなかった。しかし、このまま直線的に春に向うとは思えなかった。
 まだまだチャンスはきっとある!!

 それまでにと「ストロー氷」「コップの氷」などでネット検索も繰り返すがなかなか参考になりそうな情報に行き着かない。 けっこう面白い現象だと思うのだが…!?

▼そんなとき思いだしたのがあの人だ!!
 「雪」「氷」のことなら 中谷宇吉郎だ!!
 なにか次なる一手のヒントになることを書き残してくれているのではないか。
 そして行き着いたのが次だった。

◆「霜柱の研究」について (中谷宇吉郎 青空文庫より)  

▼これは中谷氏の研究というより、若き人たちの「霜柱の研究」についてコメントしたものだった。
 今の私には、それがとても興味深かった。

 いわば素人(しろうと)の研究であって、しかも私がはっという気がしたのは、その素人の研究が、純粋な興味と直観的な推理とで如何(いかに)も造作ないという風に一歩一歩と先へ進んで行っていることであった。私は前から物理的の研究方法というものは、物理学の既知の知識とはまた別のもので、沢山の本や論文の中に累積(るいせき)している今までの物理学上の知識というものを余り良く知らなくても、或ある場合には、立派な物理的の研究が出来得るものだろうという気持を持っていたのである。

 さすがである!!
 なんともあたたかいエールを送っていた。
 「これから」の一手に大いにヒントになるようなことも書かれていた。

  何でも予期せぬ不思議な現象に当ったら、それを逃さぬようにすることが研究の内容を豊富にする一つのこつであるということは、勿論いうまでもないことであるが、よく心得ているべきことである。なるたけ沢山にそのような奇妙な現象にぶっつかるには、この研究者たちのやられたように、何か思い付いたことがあったら、億劫(おっくう)がらずに「ちょっとやって見る」ということが大切である。思い付きというものは、一度手をつけて置けば忘れないが、そのままにして置くと、どんどん忘れてしまうものである。
 
すべてこのような自然現象は出来るならばそれを人工的に作って見るのが一番良い研究の方法であって、一度実験室内で作ることに成功しさえすれば、後(あと)は色々条件を変えてその影響を見て行けば、少しも無理をしなくても容易に事柄が分って行くものである。

▼きわめつけが、「研究」をすすめる上での心得としてまとめてくれていた。

こういう研究が出来るというのは、第一にそして一番重要なことは純粋な興味を持つということである。第二には厳寒の二月、仙石原で徹夜するという程度の熱心さを持つことである。第三には思い付いたことを、億劫(おっくう)がらずに直すぐ試みて見る頭の勤勉さを持つことである。第四には偶然に遭遇した現象をよく捕え、それを見逃さぬこと、即ちいつも眼を開いて実験をすることである。第五には新しい領域の仕事を始める時に怖(こわ)がらぬことである。この研究者たちが土の分析に手を付けた時のように平気で始めることである。それには余りに多くの知識と打算とが一番邪魔になる。第六には妙にこだわらぬこと、これは何でもないようで、その実なかなか難しいことである。そして以上述べたそれらの色々の心得の外(ほか)に、研究の全体に通じて或る直観的な推理を働かすことである。

 「ストロー氷」「Wコップの氷」実験の次なる具体的な一手はまだ見えてこないが、中谷宇吉郎のこの文章に出会うことができて とても 得をした気分だ!!

さあ、次は…

_dsc6847

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日(2018/02/15)、第184回オンライン「寅の日」!!#traday #寺田寅彦

_dsc6754

_dsc6762

▼しばし「氷」にはまっていた。
 冷え込む朝だった。前の溝の水の流れ出たところにもアタリマエのように「つらら」ができていた!!
 この冬のあいだも毎日できていたのだろうか!?
 見えていても見ないとこんなもんだ (^^ゞポリポリ

 またまだ「Wコップの氷」の不思議を追っていた。
 ガラスのコップのかわりに透明プラスチックコップに変えてやってみた。少し不鮮明な感じがあるが、ガラスのコップのときと同様なことが起きているように見えた。
 紙コップだけに水を入れて凍らせたら、底は大きく膨らみ体積は増えていた!!
 お金もかからない。特別の装置も要しない。
 とても簡単にできる実験ばかりだった。私の道楽「科学」のネタにピッタリだった (^^)V

▼本日(2018/02/15)は、第184回オンライン「寅の日」である。
 【2月のテーマ】
 「寺田物理学とレイリー」
 である。寺田寅彦もレイリーもある面この道楽「科学」の達人だった。
 そこから徹底して学ぼうというのが2月のねらいであった。
 読むのは「レーリー卿」である。 本日はその2回目である。

◆本日(2018/02/15)、第184回オンライン「寅の日」!!

●「レーリー卿(2)」(青空文庫より)


▼勝手に道楽の「科学」という点で、寅彦やレイリーにいたく共感すると言ってもレベルが違いすぎる。
 それは百も承知である。
 でも やっぱりこんな文章に出会うと うれしくなって強くひざをうつのである。(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン

 彼は自分でもしばしば言明したように、全く自分の楽しみのために学問をし研究をした。興味の向くままに六かしい数学的理論もやれば、甲虫の色を調べたり、コーヒー茶碗をガラス板の上に滑らせたりした。彼にはいわゆる専門はなかった。しかし何でも、手を着ければ端的に問題の要点に肉迫した。
 

▼今、レイリーをぜひ読みたくなったのには、隠れた事情があった。
 私は、これまで愛用してきた「研究室」「実験室」(たいそうに言うことはない。物置の一角だ!!)を事情があって失った。あらたにそれを作る必要があった。
 それにレイリーの「実験室」はなにか参考になる予感がしたんだ。

 それとはまったく関係ないかも知れないが、今回妙にひっかかる文章をみつけた。

彼は六十七歳になったが研究の興味も頭脳の鋭さも、少しも衰えなかった。ただ全く新しい馴れぬ方面の仕事に立入る気はなくなっていた。ある時彼の長子が「科学者も六十過ぎると、役に立たないばかりか、むしろ害毒を流す」と云ったハクスレーの言葉を引いて、どう思うかと聞いたら、「それは、年寄って若い人の仕事を批評したりするといけない事になるかもしれないが、自分の熟達した仕事を追究して行くなら別に悪い事はあるまい」と答えた。

 私は今、その「六十七歳」だった。

_dsc6772

_dsc6777

_dsc6806


| | コメント (0) | トラックバック (0)

コップの氷はどのようにしてできるのか!?

_dsc6681

「ストロー氷」の「ふしぎ!?」が頭をはなれなかった!!

 それ自体の「ふしぎ!?」もさることながら、私はたった2週間ほどのあいだに2度までもこの不思議な現象を見たのだろう?
 過去にはこんな現象を見た記憶はなかった。しかし、それは私が見たことないだけで、寒冷地では比較的高頻度に見られる現象なんだろうか?
 これについての研究はどこまで来ているのだろう?
 似たような現象はどこでいつ見られるのだろう?
 
 次々と「ふしぎ!?」は膨らむ一方だ!!

▼そもそもの「Wコップの氷」の「ふしぎ!?」にもどる。
 昨日の朝も、「ストロー氷」は見られなかったものの、紙コップの底には
「根毛のような氷」
「逆さ透明プリン」
が見られた。二日目になると「逆さ透明プリン」の部分が大きくなってきている気がする。

▼昨日の朝は、突然妙なことを思い立った。実行してみた!!

コップを逆さまにしてみた!! 

 紙コップのなかの氷も、ガラスコップの氷もかたまったままだから、こぼれたりしない!!
 そのときだ!!
 たいへん興味深いものを目撃した。

 「逆さ透明プリン」の部分に空気の泡が…。
 そして、「逆さ透明プリン」の部分に液体の「水」が…(゜o゜)ゲッ!!
 液体の水がここに閉じ込められたようになっている!!

▼「Wコップの氷」の謎解きは混迷するばかりだ!!
 いったいどのようにして氷ができるのだろう?
 
 こんなアタリマエの「ふしぎ!?」
 こんな簡単にできる不思議実験だ。研究されていないわけがない!!
 
 次はどんなはたらきかけをしてみようかな!?

_dsc6688

_dsc6692

_dsc6641

_dsc6655


| | コメント (0) | トラックバック (0)

またしても「ストロー氷」を見た\(^O^)/

_dsc6387
▼昨日(2018/02/12)の朝、私は自分の眼を疑った!!
 「Wコップの氷」の実験、11日の夕方、紙コップを新しくしてリセットしていた。
 壊れかけたブロックの上に2セット実験装置を設置していた。
 その一方に

 見た!!あの「ストロー氷」がコップの中央に立つのを!!

_dsc6500

_dsc6480

_dsc6606

▼1/31の朝、それを見て驚き画像をアップして、「ストロー氷」と神田健三先生に教えてもらった。
 もう人生で二度と見ることはなかろうと思っていた。
 こんなめずらしいものを!!
  水が氷になると約9%の体積が増加する。水道管が破裂するのも、あの「御神渡」が見られるのも同じ理屈だ。周りから押された水は、表面の弱いところから吹き上げる。
 そして即座に氷になる。それを繰り返す。これが重力に逆らって「ストロー氷」が立ち上がる原理だそうな。
 理屈には納得だ!!(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン
 アメダス(福崎)によれば昨日朝の最低気温は-3.7℃だった。

 でもやっぱり不思議だ!!

 あの言葉を借りたくなってくる。

 「ねえ君、不思議だ思いませんか?」 

_dsc6366

_dsc6348

_dsc6408

▼そもそもの「Wコップの氷」の不思議は置き去りにされてしまうところだった。
「根毛のようなもの」
はあいかわらず見ることができた!!
紙コップの底に氷かできるとき、どんなプロセスを経ているのだろう?
この「根毛のようなもの」との関係は?
まだなにひとつ謎解きの糸口をみつけられずにいた。
▼しかし、面白い!!
 
 「水が冷えて氷になる!!」
 これほどアタリマエと思ってきたが、こんなに不思議に見えてくるとは!! 
 
 このアタリマエの謎解きは今はじまったばかりだ。

_dsc6507

_dsc6527

_dsc6544


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新2/11】18-06 新・私の教材試論 等 更新!!

_dsc6300


葉脈透かして春の光かな 18/02/09撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】18-06
週末定例更新のお知らせ
 めざすは「ファラデーの日記」だった!!
 ファラデーの42年には仙人にでもならないかぎり追いつきそうになかった。せめてものの「まねごと」とここ10年ばかり毎日欠かすことなくblog「私の【理科教師日記】」を書き綴るのが日課としていた。
 今それが、少しピンチだ!!
 
 ピンチは最大のチャンス!!

 と言えるか!?
 この一週間が鍵になりそうである。

◆表紙画像集2018 更新 野茨
 赤いのは野茨の新芽だろうか。
 その野茨に何かの大きな葉がひっかかっていた。
 いつひっかかったのだろう!?冬の間の雨風ですっかり透明な葉脈標本ができあがっていた。
 そこに光の春が…!!

◆新・私の教材試論 更新!!
 私の理科教師人生でもっとも多く時間をさいて語ってきたのは「教材」についてであろう。
 最も熱く語ってきたのも「教材」についてであろう。
 それは、きっと「これから」も…。

 しばらく「距離」をおいてみよう。次なる展開のためにも…。

まったく別の角度から日常を綴ることに挑戦してみたい。

ゆっくり ゆっくり 急ごう!!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«新・私の教材試論(133)