私のヒガンバナ研究はどこまで来たのか?(6) #ヒガンバナ

Dsc_4876
「出葉」だ。まちがいない\(^O^)/
 2014年に自然結実した「種子」を手に入れ、2015年から「実生」に挑戦しはじめた実生ヒガンバナの鉢のひとつから今年も「出葉」してきたのだ。それも最初から2枚の葉が確認できた。
 2015年、2016年の出葉でたっぷり栄養貯め込んだので球根(鱗茎)もさぞ大きくなっていることだろう。
 あとの2つの鉢からも「出葉」はあるだろうか?
▼同じことを2016年に回収し、今年の春に「発芽」(発根)に成功した3つの鉢がある。
 こちらの方は、いくら目をこらして見てもまだ「出葉」は確認できなかった。
 はたしてほんとうに「出葉」してくるだろうか?
 楽しみである。o(^o^)o ワクワク
▼ここまでが、私のヒガンバナ研究の現段階である。
 2013年から4年連続しての「自然結実」ヒガンバナ群落を「発見」した。
 それによって、あんなに探し求めていた

 「自然結実」はアタリマエ!! 

 に思えてきた。でも自分だけが納得してもそれで「科学」にならない!!
 「ほんとうだ。探したらあるもんなんだね!!」と多くの人に言ってもらってこそ、「科学」になる。
 昨年は、2人の報告を聞いた。
 
 今年こそ多くの人の報告を聞きたい!!

 開花最盛期の今、群生地の場所を確認しておいて、10月下旬~11月上旬に再び訪ねて欲しい。
 きっと まだ緑を残した花茎が何本が立っているはずだ。
 ぜひ、ぜひ…。

「自然結実ヒガンバナに何が起こっているのか?」
 その謎解きはまだまだはじまったばかりだ。
 作業仮説はいくつか立てみた。
 それを立証することは、現段階の私の知識・技量ではむつかしい。
 環境的にも無理である。
 でもあきらめたくない!! 
 
 できることは具体的事例をいっぱいつくることだ!!

 いつかヒガンバナゲノムがあきらかにされ謎は解明されるかも知れない。
 その日を夢見ながら…。
 
 いったん終りにするが、このあとどんな展開が待ちうけているかわからないので、「つづく」としておく。

(つづく)
Dsc_4836

Dsc_4895

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のヒガンバナ研究はどこまで来たのか?(6) #ヒガンバナ

Dsc_4876
「出葉」だ。まちがいない\(^O^)/
 2014年に自然結実した「種子」を手に入れ、2015年から「実生」に挑戦しはじめた実生ヒガンバナの鉢のひとつから今年も「出葉」してきたのだ。それも最初から2枚の葉が確認できた。
 2015年、2016年の出葉でたっぷり栄養貯め込んだので球根(鱗茎)もさぞ大きくなっていることだろう。
 あとの2つの鉢からも「出葉」はあるだろうか?
▼同じことを2016年に回収し、今年の春に「発芽」(発根)に成功した3つの鉢がある。
 こちらの方は、いくら目をこらして見てもまだ「出葉」は確認できなかった。
 はたしてほんとうに「出葉」してくるだろうか?
 楽しみである。o(^o^)o ワクワク
▼ここまでが、私のヒガンバナ研究の現段階である。
 2013年から4年連続しての「自然結実」ヒガンバナ群落を「発見」した。
 それによって、あんなに探し求めていた

 「自然結実」はアタリマエ!! 

 に思えてきた。でも自分だけが納得してもそれで「科学」にならない!!
 「ほんとうだ。探したらあるもんなんだね!!」と多くの人に言ってもらってこそ、「科学」になる。
 昨年は、2人の報告を聞いた。
 
 今年こそ多くの人の報告を聞きたい!!

 開花最盛期の今、群生地の場所を確認しておいて、10月下旬~11月上旬に再び訪ねて欲しい。
 きっと まだ緑を残した花茎が何本が立っているはずだ。
 ぜひ、ぜひ…。

「自然結実ヒガンバナに何が起こっているのか?」
 その謎解きはまだまだはじまったばかりだ。
 作業仮説はいくつか立てみた。
 それを立証することは、現段階の私の知識・技量ではむつかしい。
 環境的にも無理である。
 でもあきらめたくない!! 
 
 できることは具体的事例をいっぱいつくることだ!!

 いつかヒガンバナゲノムがあきらかにされ謎は解明されるかも知れない。
 その日を夢見ながら…。
 
 いったん終りにするが、このあとどんな展開が待ちうけているかわからないので、「つづく」としておく。

(つづく)
Dsc_4836

Dsc_4895

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新09/24】17-39 【ヒガンバナ情報2017】等 更新!!

Dsc_4603


テクサレのめぐり来てなほ律儀かな 17/09/23撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】17-39
週末定例更新のお知らせ
 彼岸の中日を過ぎて、季節が加速化してきた。
 しかし
 自然はフレキシブル!!
 生きものはもっとフレキシブル!!
 
◆表紙画像集2017 更新 テクサレ(ヒガンバナ)
 「テクサレ」は私がずっと昔から使って来たヒガンバナの里名である。(あの柳田國男もふれていた)これほど多くの里名を持つ植物はめずらしい。それだけ人々の暮らしに密着した植物であることの証でもあろう。
 あんなきれいな花を咲かせながらも忌み嫌われてきた「歴史」を持つ。
 「テクサレ」は「手腐れ」から来ているのだろう。花茎をポキンと折ったとき出てくる汁が手に着くと独特のにおいがした。そんな体験から、私には忘れない里名である。
 「テクサレ」は今年も彼岸を忘れずに燃え立っていた!!

◆【ヒガンバナ情報2017】 更新!!
 ヒガンバナの「ふしぎ!?」を追うシロウト研究どこまで来たのだろう?
 少し「整理」をしている。
 まだまだ「ふしぎ!?」はつづく!!

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 10月のテーマは 寅彦と「俳句」 である。
 テーマと合わせて考えてみたい。
・私にとって「俳句」とは?
・なぜ今、「俳句」なのか?
・自然観察と「俳句」

◆「コウガイビル」を追う 更新!!
 エサなしで3ヶ月も生き延びた36号コウガイビルが教えてくれている。
 最大の敵は「高温」と。
 そして今また教えてくれようとしている。
 ・「自分を食べる」とは?
 ・「再生」とは?
 
 またあたらしい一週間がはじまる!!
 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日(2017/09/24)、第171回オンライン「寅の日」!!#traday

Dsc_4759
▼「引っ越し」した大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから22週目だった。
 先日の台風18号の風で直立した果托はもう一本もなくなってしまった。その向かいに我がヒガンバナ定点観察の庭があった。
 定点A~D、東京からの「引っ越し」ヒガンバナの今(2017/09/23)を「記録」しておこう。
 いつの日か「言葉」「文章」になることを期待して…。
▼本日(2017/09/24)、第171回オンライン「寅の日」である。
 9月に読むのは 「科学と文学」 の一本である。
 本日はその2回目だ。

◆本日(2017/09/24)、第171回オンライン「寅の日」!!#traday

「科学と文学」(2)(青空文庫より)

▼にわかには84年も前に書かれたと信じがたい文章である。
 きわめて示唆的かつ今日的「言葉」「文章」がならぶ。何度読んでもポンコツ頭にどれほど本意を読み解けたか不安ではあるが、ひとつの結論を持っていた。
 
 これは、科学者・寺田寅彦の「随筆のすすめ」である!! 

 そう思ったところを少し引用させてもらおう。

 そういうことから考えても、科学者が科学者として文学に貢献しうるために選ぶべき一つの最も適当なる形式はいわゆるエッセーまた随筆の類であろうと思われる。
 それはとにかくとして、現在において、科学者が、科学者としての自己を欺瞞することなくして「創作」しうるために取るべき唯一の文学形式は随筆であって、そうしてそれはおそらく、遠き「未来の文学」への第一歩として全く無意味な労力ではないと信ずるのである。

▼「科学」に興味を持ち少しは関わってきたとは言え、「科学者」ではないポンコツ理科教師の私が言うのも少し恥ずかしいが、

私もいつの日か、寅彦の言う「随筆」を書いてみたい!!

と思っていた。
 そんな私に次なる文章は示唆的だ。

 科学者が自分の体験によって獲得した深い知識を、かみ砕きかみ締め、味わい尽くしてほんとうにその人の血となり肉となったものを、なんの飾りもなく最も平易な順序に最も平凡な言葉で記述すれば、それでこそ、読者は、むつかしいことをやさしく、ある程度までは正しく理解すると同時に無限の興趣と示唆とを受けるであろうと思われる。
 それで、考え方によっては科学というものは結局言葉であり文章である。文章の拙劣な科学的名著というのは意味をなさないただの言葉であるとも言われよう。

Dsc_4724

Dsc_4734

Dsc_4662

Dsc_4741

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日(2017/09/24)、第171回オンライン「寅の日」!!#traday

Dsc_4759
▼「引っ越し」した大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから22週目だった。
 先日の台風18号の風で直立した果托はもう一本もなくなってしまった。その向かいに我がヒガンバナ定点観察の庭があった。
 定点A~D、東京からの「引っ越し」ヒガンバナの今(2017/09/23)を「記録」しておこう。
 いつの日か「言葉」「文章」になることを期待して…。
▼本日(2017/09/24)、第171回オンライン「寅の日」である。
 9月に読むのは 「科学と文学」 の一本である。
 本日はその2回目だ。

◆本日(2017/09/24)、第171回オンライン「寅の日」!!#traday

「科学と文学」(2)(青空文庫より)

▼にわかには84年も前に書かれたと信じがたい文章である。
 きわめて示唆的かつ今日的「言葉」「文章」がならぶ。何度読んでもポンコツ頭にどれほど本意を読み解けたか不安ではあるが、ひとつの結論を持っていた。
 
 これは、科学者・寺田寅彦の「随筆のすすめ」である!! 

 そう思ったところを少し引用させてもらおう。

 そういうことから考えても、科学者が科学者として文学に貢献しうるために選ぶべき一つの最も適当なる形式はいわゆるエッセーまた随筆の類であろうと思われる。
 それはとにかくとして、現在において、科学者が、科学者としての自己を欺瞞することなくして「創作」しうるために取るべき唯一の文学形式は随筆であって、そうしてそれはおそらく、遠き「未来の文学」への第一歩として全く無意味な労力ではないと信ずるのである。

▼「科学」に興味を持ち少しは関わってきたとは言え、「科学者」ではないポンコツ理科教師の私が言うのも少し恥ずかしいが、

私もいつの日か、寅彦の言う「随筆」を書いてみたい!!

と思っていた。
 そんな私に次なる文章は示唆的だ。

 科学者が自分の体験によって獲得した深い知識を、かみ砕きかみ締め、味わい尽くしてほんとうにその人の血となり肉となったものを、なんの飾りもなく最も平易な順序に最も平凡な言葉で記述すれば、それでこそ、読者は、むつかしいことをやさしく、ある程度までは正しく理解すると同時に無限の興趣と示唆とを受けるであろうと思われる。
 それで、考え方によっては科学というものは結局言葉であり文章である。文章の拙劣な科学的名著というのは意味をなさないただの言葉であるとも言われよう。

Dsc_4724

Dsc_4734

Dsc_4662

Dsc_4741


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【祝】「日本ヒガンバナ学会」10周年\(^O^)/ #ヒガンバナ

Dsc_4567
▼庭のシロバナヒガンバナ株の「走りもの」が咲いた!!
 シロバナヒガンバナと言いながらも色はややクリーム色がかっている。それにしてもやっぱりきれいだ。
 ネットでシロバナヒガンバナのことを話題にしていたら、近くの方から「おすそ分け」していただいたものだ。
 植木鉢のヒガンバナも花茎がのびてきた。こちらの株は東京の野島高彦さんところから「引っ越し」してきたものだ。お互い継続観察しているヒガンバナを交換して、環境がかわれば開花期、出葉期などがかわるだろうかを確かめるために交換した株だ。
 このように私にとってヒガンバナ研究とネットは深い関係にあった。
▼そんなかで、ちょうど10年前の今日(2007/09/23)、ひとつの「学会」を立ち上げた。
それが
Higangakukais

である。
 当時多くの人が利用していたmixiコミュニティのひとつとしてである。

◆「日本ヒガンバナ学会」

▼そのときの呼びかけ文はこうだ!!

-------------------------------------------------------------------------------
「ヒガンバナに興味・関心がある。」という一点だけで共通項をもつみんなで創るコミュニティです。

◆時空を超えて学び合う会(=学会)をみんなで創ろう。
 未来派「学会」に。
「学び合う」楽しさ・喜びをみんなで。 

◆あなたがノックするところがドア(入口)です。
 自分の興味あるところから入ってきてください。
 なければ自分で作ってください。
-------------------------------------------------------------------------------

▼10年経った今も志は不易である。
 おかげで多くの人に参加していただき、私自身多くのことを学ぶことができた。
 なによりうれしかったのは「ヒガンバナ」をネタにあらたなヒューマンネットワークが構築されていくことだった。
 「かたち」は変わるかも知れないが、この未来派「学会」は続いていくだろう。
 この10年間に関わって下さったみなさんに感謝である。
 多謝 <(_ _)>
 
 私のヒガンバナスポットのヒガンバナは赤く燃え立っていた!!

Dsc_4541

Dsc_4530

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のヒガンバナ研究はどこまで来たのか?(5) #ヒガンバナ

Dsc_4389
▼種子から育てる実生ヒガンバナに挑戦するとは言っても当時は何も知らなかった。
 いかにいつもの「無手勝流」と言えども少しはヒントが欲しかった。
 ヒガンバナの仲間のキツネノカミソリとコヒガンバナの実生実験が大きな勇気を与えてくれた。
 ふたつとも2倍体であり、アタリマエに「種子」をつくると言われていた。
▼2倍体だからアタリマエと言われても自分で目にするまではすぐには納得できなかった。
 まずはキツネノカミソリからはじめた。
 以前から知っていた群生地に8月の末にでかけてみた。
 確かに花の咲いたあとに子房部が丸くふくらんだ花茎がいくつもあった。大喜びして、その花茎を持ち帰りペットボトルに水を入れた簡易花瓶にさした。いつも観察できるようにそれを玄関に置いておいた。
 やがて完熟し、真っ黒で真ん丸の「種子」を手に入れた。
 それをチャック付きナイロン袋に濡れたティシュとともに入れた。
 なんとこんな簡単な処理をしただけで

 キツネノカミソリの種子が発芽したのだ!!

 アタリマエと言えばアタリマエ!!なにしろ2倍体!!
 でも感動だった。実生ヒガンバナへの光が見えてきた。
 しかし、このときはまだ実生の全貌は見えてはいなかった。「発芽」と思ったのは正確には「発根」であると知るのは後のことだった。
▼もうひとつの2倍体コヒガンバナの実生はさらに感動的なものだった。
 コヒガンバナのことは本などで知っていた。実際にこの目で確かめたく「宇治市植物公園」にでかけて行ったりしていた。
 そんなときうれしいことが起こった。

 2014/10/26 コヒガンバナの種子51個も分けてもらったのだ。

・チャック付きナイロン袋に保存
・2015.04 土ポット、育苗ケース(容器に濡れティシュを敷いただけ)で育てる。
 最終的には49/51が発芽(発根)する。(発芽率97.6%!!)
・2015.05 5月はじめ49個を育苗土に植え替える。土ポットの分はそのままに
・2015.09.11 「出葉」はじまる!!
・最終的に39/49「出葉」する。(79.5%) 種子→「出葉」(39/51 76.5%)

やっぱりほんとうにコヒガンバナは2倍体だ!!

▼コヒガンバナは2016年の秋にも「出葉」してきた。
 そして、2017年の昨日も「出葉」してきていた!!

 2015年の暮れ、私はひとつのプロジェクトを立ち上げた。名づけて

◆「実生コヒガンバナを咲かせよう!!」プロジェクト!!

 
 この実生コヒガンバナは「出葉」を繰り返し、栄養を球根(鱗茎)に貯め込みつづけ何年後かには、花茎をのばしコヒガンバナの花を咲かせるだろう。
 遠大なる実生実験である。
 私ひとりでは花を咲かせるところまで行けるか心許ない。
 このコヒガンバナは元々「おすそ分け」で手に入れたものだ。
 そこで考えたのが、この遠大なる実生実験を、「出葉」したコヒガンバナを「おすそ分け」して、多くの人で挑戦してみてはというこのプロジェクトだ。
 もうすでに何人もの人の手元に行っている。

 今年も「出葉」してきましたか?


(つづく)

Dsc_4367


| | コメント (0) | トラックバック (0)

36号コウガイビルはエサなしで3ヶ月生きのびた!! #コウガイビル

Dsc_4176
▼人生で36匹目の出会った36号コウガイビルに出会ったのは2017/06/20であった。
 昨日(2017/09/20)でちょうど3ヶ月だ!!
 おそるおそる冷蔵庫(農業用)から出してみた。

 生きている!!

 間違いなく生きている。頭部を方向転換した!!
 第一死んでしまったら、とけるように姿を消しているはずである。それをこれまでさんざん観察してきたので確信がある。
 気になるのは逆三角形の頭部(「笄(こうがい)」の部分)が明確でないことだ。
 ヒラヒラの部分を身体に密着させているだけだろうか。?(゜_。)?(。_゜)?
▼3ヶ月も水だけでエサをまったく与えずに生き延びた!!
 これは驚異の「記録」であった。
 261日間生き延びた1号コウガイビルにつぐ「記録」だった。
コウガイビルという生きものにであって最大の衝撃の事実はここにあった。

 「動物の世界」謎解きの第一方程式は「食べる」である!!

とずっと考えていた。
 動物の「ふしぎ!?」は、「何を食べているのだろう?」「どのようにして食べるのだろう?」等の問いに答えることができれば解決できた。
▼ところがコウガイビル=陸棲プラナリアはちがっていた。
この「ふしぎ!?」に答えてくれる文献があった。

◆『プラナリアの形態分化~基礎から遺伝子まで~』(手代木渉、渡辺憲二著、共立出版 1998.3.25)

 私の不思議に答えてくれる部分は 「14.9 飢餓と再生」(P275)にあった。この章は牧野尚哉・白澤康子先生が書いておられる。

 コウガイビルの飼育では給餌が大切な要素となるが、餌に対しての反応は同一種内でも異なり積極的に摂取するグループとそうでもないものとがある。また長期間の飢餓に耐え、もとの体重の1/100に減少しても生存し続けることができる。このような生理的変化が、顕著な再生能をもつ本動物の器官形成にどのような影響を及ぼすのか、頭部再生の有無、形成所要時間、極性との関連について、採集直後の体重を100として、もとの30~40%に減少したグループを飢餓個体として実験を行った。  なお、飢餓個体の設定は、採集された個体のうち、何としても餌を食べないものがあり、かなりの期間絶食にも耐えられるが、やがて死に至る。体重減少と生存期間の長短は一定ではないが、採取後減少の一途をたどる体重は、ある時点で平衡状態となり、これ以降急激に減少して死ぬものが多い。体重が安定をみせる状態を越えると個体は死を迎えることから、この安定期(もとの体重の30~40%)を飢餓状態と考えた。これらの飢餓グループと採集まもないものとを次の実験により比較した。(同書P276より)
 

 言わば「自らを食べて生き延びている」のだ、とこの本の編著者である渡辺憲二先生に教えてもらった。

▼36号のおかげてわかったことがある。

 コウガイビルの大敵は「高温」である!!

 昨年の夏には自宅の庭で25匹ものコウガイビルに出会いながらも全滅させてしまったのは夏の「高温」が原因だったと今は言える。
 「高温」は「飢餓」よりも大敵なのである。
 
 さて36号コウガイビルはいつまで生き延びるだろう?
 1号コウガイビルの261日の「記録」をぬりかえることができるだろうか?

Dsc_4225

Dsc_4191


| | コメント (0) | トラックバック (0)

36号コウガイビルはエサなしで3ヶ月生きのびた!! #コウガイビル

Dsc_4176
▼人生で36匹目の出会った36号コウガイビルに出会ったのは2017/06/20であった。
 昨日(2017/09/20)でちょうど3ヶ月だ!!
 おそるおそる冷蔵庫(農業用)から出してみた。

 生きている!!

 間違いなく生きている。頭部を方向転換した!!
 第一死んでしまったら、とけるように姿を消しているはずである。それをこれまでさんざん観察してきたので確信がある。
 気になるのは逆三角形の頭部(「笄(こうがい)」の部分)が明確でないことだ。
 ヒラヒラの部分を身体に密着させているだけだろうか。?(゜_。)?(。_゜)?
▼3ヶ月も水だけでエサをまったく与えずに生き延びた!!
 これは驚異の「記録」であった。
 261日間生き延びた1号コウガイビルにつぐ「記録」だった。
コウガイビルという生きものにであって最大の衝撃の事実はここにあった。

 「動物の世界」謎解きの第一方程式は「食べる」である!!

とずっと考えていた。
 動物の「ふしぎ!?」は、「何を食べているのだろう?」「どのようにして食べるのだろう?」等の問いに答えることができれば解決できた。
▼ところがコウガイビル=陸棲プラナリアはちがっていた。
この「ふしぎ!?」に答えてくれる文献があった。

◆『プラナリアの形態分化~基礎から遺伝子まで~』(手代木渉、渡辺憲二著、共立出版 1998.3.25)

 私の不思議に答えてくれる部分は 「14.9 飢餓と再生」(P275)にあった。この章は牧野尚哉・白澤康子先生が書いておられる。

 コウガイビルの飼育では給餌が大切な要素となるが、餌に対しての反応は同一種内でも異なり積極的に摂取するグループとそうでもないものとがある。また長期間の飢餓に耐え、もとの体重の1/100に減少しても生存し続けることができる。このような生理的変化が、顕著な再生能をもつ本動物の器官形成にどのような影響を及ぼすのか、頭部再生の有無、形成所要時間、極性との関連について、採集直後の体重を100として、もとの30~40%に減少したグループを飢餓個体として実験を行った。  なお、飢餓個体の設定は、採集された個体のうち、何としても餌を食べないものがあり、かなりの期間絶食にも耐えられるが、やがて死に至る。体重減少と生存期間の長短は一定ではないが、採取後減少の一途をたどる体重は、ある時点で平衡状態となり、これ以降急激に減少して死ぬものが多い。体重が安定をみせる状態を越えると個体は死を迎えることから、この安定期(もとの体重の30~40%)を飢餓状態と考えた。これらの飢餓グループと採集まもないものとを次の実験により比較した。(同書P276より)
 

 言わば「自らを食べて生き延びている」のだ、とこの本の編著者である渡辺憲二先生に教えてもらった。

▼36号のおかげてわかったことがある。

 コウガイビルの大敵は「高温」である!!

 昨年の夏には自宅の庭で25匹ものコウガイビルに出会いながらも全滅させてしまったのは夏の「高温」が原因だったと今は言える。
 「高温」は「飢餓」よりも大敵なのである。
 
 さて36号コウガイビルはいつまで生き延びるだろう?
 1号コウガイビルの261日の「記録」をぬりかえることができるだろうか?

Dsc_4225

Dsc_4191

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月のオンライン「寅の日」は #traday

Dsc_4076
▼シロバナヒガンバナと言えども蕾にはどこか赤色を内包しているように見えた。
 それにしてもこの「律儀さ」はどこからくるのだろう?
今日は「彼岸の入り」である。
 庭の定点ヒガンバナは定点AからDまでどれもが多少の早い遅いの違いがあるが、きっちり顔を出していた。
▼2017年10月のオンライン「寅の日」の計画を考える時期だ。
 自然の「律儀さ」を現わしたものに歳時記がある。かつて寅彦は歳時記についてこう言った。

 

『歳時記は日本人の感覚のインデックス(索引)である』


 10月のテーマも繰り返しになるが、これでいこうと思う。

 【10月テーマ】 寅彦と「俳句」 

 10月は3回ある。

■2017年10月オンライン「寅の日」

◆第172回オンライン「寅の日」 …10/06(金)
◆第173回オンライン「寅の日」 …10/18(水)
◆第174回オンライン「寅の日」 …10/30(月)

▼寅彦は「俳句」「俳諧」「連句」に関して多くの随筆を書いていた。
 そのなかでもいくつかの「定番」を決めていた。今回もそのなかの3つでいこうと思う。
 「俳句の精神」「天文と俳句」「俳諧の本質的概論」である。

■2017年10月オンライン「寅の日」

◆第172回オンライン「寅の日」 …10/06(金) 「俳句の精神」

◆第173回オンライン「寅の日」 …10/18(水) 「天文と俳句」

◆第174回オンライン「寅の日」 …10/30(月) 「俳諧の本質的概論」

俳句結社「寅の日」!!
 それは遠い遠い夢物語。
 如何に遠い道であっても、最初の一歩をはじめなければなにも始まらない。
 それも事実である。
 
 吟行「ヒガンバナ」はいつでかけようかな!?

Dsc_4054

Dsc_4060

Dsc_4031

Dsc_4039


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«私のヒガンバナ研究はどこまで来たのか?(4) #ヒガンバナ