【Web更新02/19】17-08 Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 等更新!!

Dsc_7071


耳元にペンペン草の鳴らしけり 17/02/17撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】17-08
週末定例更新のお知らせ
 近畿地方にも4年ぶりに「春一番」が吹いたという。
 だからと言って、いっきょに春がやってくるわけではない。行きつ戻りつを繰り返しながら春はやってくるのだ。
季節の変化はいつも直線的でない、螺旋的だ!!

◆表紙画像集2017 更新 ペンペン草(ナズナ)
 ペンペン草は継続観察をしていると、とても面白い植物だ。
 冬のあいだは葉は地べたにはりつくようにして暮らしている。春先になると、白いかわいい花をつけた花茎が立ち上がってくる。花が咲いた後はあの三味線のバチ(ハート型)のような果実をつける。その頃になると、花茎はまた伸びて先端に花を咲かせている。それを繰り返しながら背が高くなっていく。
 その背の高さが本格的春を教えてくれているのかもしれない。変な「ふしぎ!?」が頭に浮かんだ。
 背が高くなるスピードは、等速運動それとも加速度運動?
  ある程度背が高くなったら、果実の枝を少しだけはがして、耳元でクルクルとまわすと、あの懐かしい音がした!!やっぱりもう春だ!!

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 近畿地方に「春一番」が吹いたと言っても、当地に吹いたかどうかは定かではない。
 アメダスで確認しても、8m/sもの風は吹いていなかった。
 私は変なこだわりを持っているのではない。
 「よりローカルに!!」
 「よりリアルに!!」
 天気の変化を実感したいだけだ。

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 他の人の「私の科学」に学ぶことはやっぱり愉しい!!

◆新・私の教材試論 更新!!
 教材の「整理」をすすめながら教材試論を続けていきたい。

もうすでに新たな一週間ははじまっている。
ゆっくり 急ごう!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日(2017/02/20)、第153回オンライン「寅の日」!!#traday

Dsc_7228
▼東の畑の紅梅が満開である!!
 やっぱりこんなときはカメラを向けたくなる。究極の道楽「雲見」「宇宙見物」のときも、朝夕の散策のときもカメラをぶらさげていた。いっこうに撮影スキルは向上する気配はなかった。それについては半ばあきらめていた。
 でもやっぱりいつもカメラだけは手放せない。
 寅彦の時代はどうだったんだろう?
▼本日(2017/02/20)は第153回オンライン「寅の日」である。
2月オンライン「寅の日」のテーマは
・寅彦と「道楽」
である。前回は「地図」だった。
 そして、今回はその「カメラ」である。「カメラをさげて」を読む。

◆本日(2017/02/20)、第153回オンライン「寅の日」!!#traday

●「カメラをさげて」(青空文庫より)

▼まず寺田寅彦は「カメラ」という道具をどうとらえていたのだろう。

しかし写真をとろうという気で町を歩いていると、今までは少しも気のつかずにいたいろいろの現象や事実が急に目に立って見えて来る。つまり写真機を持って歩くのは、生来持ち合わせている二つの目のほかに、もう一つ別な新しい目を持って歩くということになるのである。

少なくも自分の場合には何枚かの六×九センチメートルのコダック・フィルムの中に一九三一年における日本文化の縮図を収めるつもりで歩くのであるが、なかなかそううまくは行かない。しかしそういうつもりで、この特別な目をぶらさげて歩いているだけでもかなり多くの発見をすることがある。

 誰しも言われてみればナルホド!!ソノトオリ!!と納得することをコトバにしてしまう、それが寅彦だった。
 そのコトバは時空を越えて今も響く!!

▼「カメラ」を語りながら、日本文化論、自然観まで語ってしまう。それが寅彦の凄いところでもあった。
 また最後に「カメラ」の得意技にもどり、こう語っていた。

親譲りの目は物覚えが悪いので有名である。朝晩に見ている懐中時計の六時がどんな字で書いてあるかと人に聞かれるとまごつくくらいであるが、写真の目くらい記憶力のすぐれた目もまた珍しい。一秒の五十分の一くらいな短時間にでもあらゆるものをすっかり認めて一度に覚え込んでしまうのである。  その上にわれわれの二つの目の網膜には映じていながら心の目には少しも見えなかったものをちゃんとこくめいに見て取って細かに覚えているのである。

 きわめて納得である。(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン
 その「瞬間」を「記憶」したい。「記録」したい!!
 その願望が、いっこうにすごい写真は撮れなくても、いつもカメラをぶら下げている理由だった。
 そして、その「下手な鉄砲」方式の写真にもとてもうれしいことがある。
 そのときには気づかなかったものが映っているのだ!!
 これで何度、いろんな「発見」をしたことだろう。

 やっぱり今日も一日カメラをぶらさげておこう(^^)V

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファラデーラボ「電子工作のかがく」はとても楽しかった\(^O^)/

Dscn3552
▼昨日(2017/02/18)は「雨水」だった。
 蓮根の植え替えから47週目の大賀ハス観察池には、もう氷がはっていなかった。
 水温む季節がやってきていた。
 実は前々からとても楽しみにして待ちに待った日だった。
▼それは、ファラデーラボで「第74回かがくカフェ」が開催される日だったからである。

◆第74回かがくカフェ  電子工作のかがく  

●テーマ 電子工作のかがく
●講師  上橋智恵さん

     プロフィール ブログ「智恵の楽しい実験」より        
       兵庫県姫路市在住。ドライブ旅行大好き♪
       食べるの大好き♪ 科学大好き♪
       さらに独学好きで電験3種、気象予報士の資格も取得。
       https://draft.blogger.com/profile/02755945979673243448 
       HP 「智恵の楽しい実験教室」http://www.eneene.com/
●内容  「発振回路を利用した永久コマ」(部品調達の関係でこちらに変更)

 私はここ何ヶ月かのあいだに何度
 「凄い!!」
 「感動!!」
 というコトバを使っただろう。ともかくそれ以外のコトバが出てこなかった!!
 Facebookで上橋さんの実験・工作を見せてもらう度にだ!!
 それも次から次へとだ。
  そんな上橋さんが講師になってくださり「工作」を体験できるのである。
  楽しみにしないわけはなかった。o(^o^)o ワクワク
▼行くなり机の上には用意周到の準備がしてあった。
 ここでまたまた思った。
 「凄い!!」
 「感動!!」である。
 こんなきっちりではないが、まがりながらも長年実験の準備をしてきた身としてはこの「凄さ!!」さがわかる。
 それだけではない。実際に工作をはじめたとき、どんなことでトラブルか、それら想定して準備されていた。
 そこにも上橋さんならではの工夫・アイデアがいっぱいだ!!

 実際に工作をはじめると予想したとおり、根っからの不器用な私は、いちばんの「遅れん坊」になってしまった。(^^ゞポリポリ
 まわりの人や上橋さんの手助けもあって、私の作った「永久コマ」も回った\(^O^)/
 回った!!回った\(^O^)/
 長年思い続けてきた夢がひとつ叶った。とてもとてもうれしかった。
 
 発展型も見せてもらった。
 助けてもらったみなさんに、そして上橋さんに感謝である。<(_ _)>
▼第2部の「ティータイム交流会」に入った。
今回もまた楽しかった。
・光通信
・たい積説明器
・IHのつくり、原理
・磁石を使ったおもちゃ
・手作り物理実験器具各種
等々 どれもこれでも面白かった!!
 なかでも極めつきは、「時の人」觜本格さんのNHK『ブラタモリ』登場の顛末報告だ!!
 昨夜放映のジャストタイミングの報告だけにみんな興味をもって耳を傾けた。

 
 ほんとこんなゼイタクでいいのというほどのゼイタクの一日だった。
 みなさんの「私の科学」を存分に愉しませてもらった。 深謝<(_ _)>
Dscn3523
Dscn3547
Dscn3575
Dscn3614
Dsc_7152


 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

実生コヒガンバナの今!!(2017/02/17) #ヒガンバナ

Dsc_6945
▼私は、今なお現在進行形でいくつかのアタリマエの「ふしぎ!?」を追いかけていた。
 アタリマエの「ふしぎ!?」とは、わかっている人には
 「それはアタリマエ!!」
 「それが科学なんだよ!!」
 と言われてしまいそうなことで、物分かりの悪い私には、ナルホド!!となかなか納得がいかない「ふしぎ!?」である。
▼そんなアタリマエの「ふしぎ!?」のひとつにヒガンバナの「ふしぎ!?」があった。
「日本のヒガンバナは3倍体で花は咲かせるけれど種子はつくらない。分球によって殖える。」
しかし
「コヒガンバナは2倍体であり、花を咲かせ種子をつくる。だから種子でも殖える。」
それがわかっている人のアタリマエ!!
「2倍体」「3倍体」?(゜_。)?(。_゜)?
 浅学のせいもあるだろう。私には簡単に納得できない「ふしぎ!?」あった。
 「ナラバ実際にそのコヒガンバナの種子を手に入れて育ててみたい。」
 ずっとそう思い続けていた。
 念じ続ければ願いは叶うものだ。こういうときに私はいつもラッキーだった。
▼そのラッキーは2014/10/26に訪れた!!
 友人から51個ものコヒガンバナの種子を分けてもらったのだ。2015年の春には49個の「発芽」(発根)に成功し、その秋には「出葉」にも成功した。「出葉」してきたのは最終的には41個であった。
 従って 

 種子51個→「発芽」(発根)→「出葉」41個。 出葉率80.4%ダ!!

  ナルホドこれでこそコヒガンバナは2倍体であると言える。

▼半分ばかり納得した。でも完全ではなかった。
 毎年「出葉」を繰り返し、球根(鱗茎)に貯め込んでいつの日にか、コヒガンバナの花を咲かせるようになれば、はじめてナルホド!!と納得するだろう。
 それは何年先だろう。
 2015年末から面白いプロジェクトをはじめた。

◆「実生コヒガンバナを咲かせよう!!」プロジェクト

 私一人で育てて行くのでなく、出葉したコヒガンバナを何人かに「おすそ分け」して育ててもらうというプロジェクトだ。出葉を何年か繰り返し、鱗茎を太らせ、何年か後に花茎をのばし花が咲く日がくることを夢見てのプロジェクトだ。何人かで取り組めば、私に無理でも誰かが成功するかも知れない。
 その花は、またきっと種子をつくるだろう。
 そしたら、多くの人が「コヒガンバナは2倍体!!」に納得するだろう。
 それは何年先だろう!?

 昨日(2017/02/17)現在、21個のコヒガンバナが「出葉」している。
 葉の長いもので20㎝近くあった。外に出していたものだけが、葉が2枚になっていた。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(124)

Dscn3515
▼「雲見」の空はすっかり春だった!!
あたたかい南よりの風が吹いていた。今、アメダスで確認してみると気温は「12.4℃」まであがったようだった。
午前中は雲のない青空が続いていた。
しかし、そのなんとなく濁っているように感じたのは気のせいだろうか?
なにかがとんでいるのでは!?
▼大きく覆っていた高気圧はやがて「西から東へ」移動していこうとしていた。
かわって登場するのは前線をともなった低気圧!!
思わずあの図を思いだしてしまった。
100年も前のあの図を
空に登場する雲はあの図の通りではないか!!
教科書通りではないか!!
このアタリマエにいたく感動するのだった。
100年も前にあの「低気圧の立体モデル図」を考えた科学者に
( ^_^)/□☆□\(^_^ )
▼私は少しばかり欲ばりだった。
「自然は最高の教科書!!」
「子どもは最高の指導書!!」
を繰り返し唱えてきた私としては、ここまでの「感動」にとどまりたくなかった。
まだまだ「天気の変化」の「ふしぎ!?」はつづく。
▼不勉強を省みず謎解きに挑戦するのみだ!!
あるのは
「上がるとザアザア 下がるとカラカラ」
「光は東から 天気は西から」
の二つの鉄則のみ!!

さあ、今朝はいつから雨になるだろう!?
使えるものはなんでもすべてを使って予想してみよう!!
それが「私の科学」!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩石の「整理」をはじめたが…!?

Dscn3491
▼「また、いつか…」ほどあてにならない空手形はない。
 この年までこれを何度繰り返してきただろう(^^ゞポリポリ
 岩石の「整理」もそのひとつであった。
 「時間ができたら、またいつかやろう。」そう思って眠らせてきた岩石がそれこそ山のようにあった。
 できるだけそのときどきに処分し、教材として使用したモノは、そのどきの勤務校に置いてきたつもりだ。
 しかし
 個人的に旅のにでかけたときに採集したものや、思い入れがあって「これだけは…」と思い保存して置いたモノだけでも相当になっていた。
 岩石は重いし、かさをとるので「整理」もそう簡単ではなかった。
 でもはじめなければ…。意を決して一昨日からはじめてみた。
▼「整理」の究極は断捨離だ!!
 幸い岩石であれば捨ててもさほど問題にならないだろう。
どんどん捨てる方向ではじめた!!
 ところが、どうしても捨てきれないモノがでてくるのだった。
 困ったモノだ…(^^ゞポリポリ

 そんなもののひとつに「柵原鉱山」の磁鉄鉱があった。
いわゆる「天然磁石」である。
 「磁石」の学習の導入にはからならずこれを使用してきた。
 「磁化」を語るのにもこれほどすぐれた教材はないと思っていた。それも残り少なくなっていた。
 閉山になった柵原鉱山にでかけていって、すごいものを手に入れていた。

 ◆柵原鉱山に行ってきました。

 このとき手に入れたものは永久保存だ!!
▼岩石ではないが、思い出深いものがあった。
「AT(姶良火山灰)」である。
一時期これに夢中であった!!あの姶良カルデラをつくった2万9000年前(?)の巨大噴火、そのときの火山灰は偏西風にのって日本全土を雪景色のように覆った。そしてたい積した!!
 いくら巨大噴火と言えどもずっと続いたわけではない。限られた時間に降灰したい積した。
 そのAT層より上か下かよって時間は特定デキル!!
 「テフラ時計」だ!! 
 こんなすぐれた教材はないと思った。
 全国にそれを追った。
 ついにはなんのことはない自分の住むところでもそれを発見した。

◆姶良火山灰を追え

 そのときに手に入れた火山灰が肥料の袋に入れたまままだ残っていた。
 
▼思い出深いモノはまだまだあった。
・サヌカイト
・黒曜石
・古神戸湖の植物化石
・ヒビアンナイト
・チャート
・おみやげにもらった巨大な珪化木
等々 思い出深いものばかりだ。
それらの岩石を見ていると、それを採集したときのワクワク感が蘇ってくるのだった。
40年にわたる無手勝流フィールドワークの「宝もの」ばっかりだった!!
ひとつひとつの岩石が「その時」を特定してくれた。
だから、私にとっては「テフラ時計」ならぬ「岩石時計」だった!!

いっこうに進まぬ断捨離!!
どうしたもんだろう。(・_・)......ン?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(123)

Dsc_6688
▼突然、トタン屋根をバチバチとはげしく打つ音がした!!
えっ ?(゜_。)?(。_゜)?
今まで晴れていたはずなに…。外を見ると白いモノが、雪だろうか。でも雪ではこんな音はしない。
 外に出て地面見ると、氷のかたまりが…。
 「あられ」だ!!
 慌てて黒い紙を持ち出して写真を撮ってみた。確かに氷のかけらだ!!
 たしかに晴れてはいたものの雲の動き(また間違った(^^ゞポリポリ 動いているのは大気(寒気・暖気))は活発
だった。それにしてやっぱり「ふしぎ!?」だ!!

あの雲の中では何が起こっているのか?

▼私の「ふしぎ!?」そのものズバリの本があった。

◆『雲の中では何が起こっているのか』(荒木健太郎著 ベレ出版 2014.6.25)

とても気に入っている。
 私にとっては難解な「専門用語」も、とても楽しいイラストとともにわかりやすく解説されていた。
 プロならではの技といつも感心している。
 このように、「ふしぎ!?」がうまれたときには読み返してみることにしている。
▼今いちばん関心のある「ふしぎ!?」は
・そもそも低気圧とは?
・どのような渦が?
・そこで、どんな大気の動きが?それを教えてくれる雲は?
・それはどのような「天気の変化」をもたらすか?
 この本では
 「4 雲と風、前線、低気圧」(p58)でふれてくれていた。
 ここでも、「風はどうして吹くのか?」の話からはじまるのがうれしい(^^)V
 もちろんここでも
 「パーセルくん」「トラフくん」「温低ちゃん」等の楽しいキャラが登場する。
▼そして、しめは例の図だった。
図1.36 「温帯低気圧の温暖前線と寒冷前線に伴う典型的な雲」(p67)
教科書でもお馴染みの図である。
元祖は?と調べてみると

・1921年 理想化された低気圧 J.ビヤネクスとゾルベルク(ノルウェー) 

らしい。なんと100年近いではないか。
やっぽどこの図はすごいらしい。
 最近、「雲見」の話を理科の教師としていてこの図のことが話題になった。
 「巻雲って、あの温暖前線が近づいて来るときに最初に出てくるあれやろ…」
 そうだ!!
 あの図が私も含めて頭にこびりついてしまっているのだ。
 自然をあの図にあてはめてみようとするのだ。
それは、それなりに意味あることであるし、正しい!!

 でも、そればっかりではほんとうの自然は見えてこない!!

 「あられ」の「ふしぎ!?」は見えてこない!!

(つづく)
Dscn3456

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(122)

Dsc_6577
▼またしてもつまらないことが気になりだした。
田んぼの水たまりにはった氷の模様である。この模様はなにを物語るものなんだろう!?
天気図の「等圧線」のようにも見えたが、やっぱり違うところあった。
「等圧線」は交叉したり、途中で途切れることはない。
 この模様に何かきまった「きまり」はあるのだろうか?
 そもそも氷のはり方、融け方に「ルール」はあるのだろうか?
▼ここにもアタリマエの「ふしぎ!?」があった。
よく知られているように水は約4℃のときが密度が大きい。つまりそのときがいちばん重い!!
 ならば水たまりに氷がはるとき、水はどんな動きをするだろうか。
 まず表面の水は寒気に冷やされて4℃に近づき、そして沈む!!
 それにかわり下の4℃以上の水が昇ってくる。
 「対流」だ!!
 「対流」を繰り返すうちに、水たまり水はすべてが4℃にちかづく。
 さらに表面の水は寒気に冷やされついに0℃になり、氷になる!!
 氷は表面からはるのだ!!
 融けるときはどうだろう!?
▼一方、地球表面の大気はどんな運動をしているのだろう!?
田んぼ水たまりと共通する運動があった!!
「対流」だ!!

天気図の「等圧線」と田んぼの水たまりの「模様」が似ているということとなにか関係があるだろうか?
そもそもあの天気図の「等圧線」にも見える「線」はなんだろう!?
ひょっとして「等温線」??
まだまだアタリマエの「ふしぎ!?」の謎解きがつづく。
▼天気図にもどろう。
今朝の天気図を見た。
 日本列島を覆っていた縦縞模様もあいだあいてきた。日本海にあった渦も消えた。
 悪天候をもたらす渦、低気圧!!
 そもそもこの「低気圧」とはなんなんだ?
 そこでどんな大気の運動が起こっているのだ?
 根っこのところから考えてみよう。
 そう思ったら、あの文章を思いだした。

 低気圧とはなんだろうか、一口でいえば寒暖両気からなるうず巻であろう。 我等の地球大気の中には、こうしたうず巻が存在できることを傾圧不安定理論も、数値シミュレーションもあるいは実験室内の流体を使った模型実験も教えてくれる。しかしやっぱり不思議な感じがする。それは偶然の産物としてはあまりにも美しく組織だっているし、秩序ある概念に統一されている。  このささやかな歴史的回想の中で、私は約1世紀半の間に人々がストームについて、低気圧についてめぐらした考察のあとをたどってみた。そして多くのことを学んだが、雲をつくり雨を降らせ、風を巻いて過ぎ去ってゆく低気圧をやはり不思議に思う。((『天気図の歴史ーストームモデルの発展史ー』(斎藤直輔著 東京堂出版 「エピローグ」p211より)

 こう言われるとなにかうれしくなってくる。
 謎解きに勇気をもらった気分になる。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新02/12】17-07 Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 等更新!!

Dsc_6472


春寒やホシノヒトミの迷いたり 17/02/11撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】17-07
週末定例更新のお知らせ
 学ぶことは愉しい!! 
 知らない世界が見えてくるのだから。
 知っているツモリのことがより豊かに見えてくるのだから。
 それも 人から学ぶのがより面白い!!
 そのために ネットは きわめて有効な手段である!!

◆表紙画像集2017 更新 ホシノヒトミ(オオイヌノフグリ)
 手持ちの『日本植物方言集成』の「イヌノフグリ」の項に
 「ほしのひとみ」千葉(柏)
 と記してある。その名を教えてもらったのはもうずいぶん前だ。
 とても気に入っていた。イヌノフグリにかわりみかけるのはほとんどがオオイヌノフグリになってしまっているが、春の訪れいちはやく教えてくれる花だ。イヌノフグリとはちょっと…(^^ゞポリポリ
 それにこれは花をさしていない!!花の後にできる実をさしての命名である。
 その観察眼には感心するが、
 花はやっぱり「ホシノヒトミ」だ!!
 そのホシノヒトミが野のいたるところでヒトミを開きはじめていた。
 ところが再びの寒波で開くのを少し迷っているように私には見えた。

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 恐るべし「JPCZ」(日本海寒帯気団収束帯)!!
 もうこれ以上の被害がでないことを祈るのみである。
 それでも、今日も大気は動く!!

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 2月のテーマは 寅彦と「道楽」 である。
 道楽的科学こそ私の理想だ。

◆新・クラウド「整理学」試論 更新!!
 「空間」の整理が必要となってきた。
 同じやるのなら愉しみながらやりたいものだ。
 
 さあ、この一週間はどんなこと学べるかな。o(^o^)o ワクワク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Twitterはじめて2,700日目に思うこと!!

Dscn3429
▼あれ!?
 雪はさほど降っていなかった。むしろ青空が広がっていた!!
 蓮根の植え替えから46週目の大賀ハス観察池の氷の上にはわずかな雪がのっているばかりだった。
 しかし、風は確かに冷たかった!!
 どうなったんだろう? JPCZ !!
 静止衛星画像を見る限り健在だった。まるでたなびくように山陰地方にのびかかっていた。
 だから寒気はまちがいなくここへも流れてきていた!!
 昼過ぎからはそれを裏付けるようにときおりはげしい吹雪を繰り返した。
▼今朝、画像を見ても同様だった。
今日は、Twitterはじめて2,700日目になると、twilogが教えてくれていた。
 2009/09/23よりはじめて7年半近くたつのだ!!そう考えるとなにか感慨深いものがある。
 100日ごとに「現在地」の確認をしていた。
 その作業はTwitterの「現在地」と言うより「Twitter的」の今の確認だった。
 Twitter的!!=
 「リンク」
 「シェア」
 「フラット」
 「等身大」
 「リアルタイム」
 「アクティブ」
 
 これは私の「作風」だった。
 作家でもなければ芸術家でもないポンコツ理科教師の使う言葉ではないのかも知れない。
 しかし、やっぱり

 Twitter的は私の「作風」である!!

▼100日前の「Twitterはじめて2,601日目に思うこと!!」を今読み返してみた。
 最後に100日後に向けた課題をいくつあげていた。
 そのなかにことを書いていた。

・あらたなコミュニティ「中学校「理科」を楽しむ会」(仮称)の設立!!(これがいちばんの本命)
・これまでのコミュニティの活性化!!

▼100日たってどこまで来たのだろう。
「これがいちばんの本命」と言った「中学校「理科」を楽しむ会」は、FacebookがなんであるかもわからぬままにとりあえずFacebookグループのひとつとして立ち上げた。

◆「中学校「理科」を楽しむ会」

 アリガタイことに趣旨に賛同してくださり、何人かに集まっていただいた。
 しかし、言い出しっぺの私自身もあまり発言していない。 スミマセン<(_ _)>

 まあ、それもいいか!!
 と思っている。発信したくなったら、そのとき発信すればいい!!
 「ねばならいない」から脱却して「○○を愉しみたい」を優先させる!!
 それが、私たちの「作風」!?

 100日後はどこにいるだろう。
 楽しみだ。
Dsc_6357
Dscn3439

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(121)