10月(神無月)の「雲見」は!?

Dscn9895
▼9月が終わった。10月(神無月)の「雲見」がはじまる!!
 まずは「もくもくシール」を貼ったカレンダーで、9月の「雲見」をふり返っておく。
  使用した十種雲形シールは次のようになった。

・快晴    0
・巻雲    2
・巻積雲  2
・巻層雲  0
・高積雲  6
・高層雲  4
・層積雲  5
・積雲    2
・層雲    0  
・乱層雲  7
・積乱雲  2

 9月の「雲見」はひと言で言うならば「天気悪し」である!!
 まともに青空を見た記憶が数少なかった。雨ばっかり降っていたような…。
▼では、10月(神無月)はどうだろう?
 例によってふたつのことを参考にして考えてみる。
 まずである。

◆気象庁・一か月予報(近畿地方PDF版)

 どうやら9月の天気は、10月前半に持ち越されるようだ。
 秋晴れはいつ!?

▼もうひとつの参考にさせてもらっているもの見る。

◆『12ヶ月のお天気図鑑』(武田康男・菊池真以著 河出書房新社 )

 まず紹介されている画像のタイトルだけ引用させてもらう。

「うろこ雲」
「秋晴れ」
「初冠雪」
「秋の日はつるべ落とし」
「秋風」
「扁平雲」
「ひつじ雲」
「彩雲」
「腹巻雲」
「火映現象」
「歪んだ月」
「台風接近」
「異常な朝焼け」
「夕焼け雲」

 これが、私には具体的にイメージしやすくとても役に立つ。
こんな「雲見」を私もぜひと思う。

▼今朝はさっそくまたしても雨のようだ。
 そんななかであるが、しばらく「雲見」の旅に出ようと思う。
 課題がある。

 旅のなかからどこまでリアルタイムな情報発信ができるか?

 地上のヒガンバナもどこまで「葉の季節」にシフトしていくか?

 今月も自然観察を楽しんでいきたい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年は3匹のジョロウグモと

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新・中学校「理科」を構想する。(60)

Dsc_2557
▼昨日もまた雨が降ったりやんだりだった。
屋外での作業はできないので、久しぶりに納屋の物置(私は勝手にここを「観察研究室」と呼んでいるが)をかたづけることにした。
 もうなんでもかんでも置いていた。なかでもなかなか未練があって、処分してしまうことのできないものが3つあった。
 そのひとつが、この夏に出会った25匹のコウガイビルを飼育(?)していたナイロン袋とプラスチックケースである。これを見ていると、次々と登場したコウガイビルの姿を思い出すのである。今さら「再生」するなどという奇跡はないことは承知しているつもりである。しかし、未練があって捨ててしまうことができないのだ。
▼二つ目は、ゲホウグモの「卵のう」だった。
今年の4月の末、我が家の庭にあのゲホウグモが帰って来た!!
 私は昼も夜も観察に夢中になった。
 数々の巧みな糸技を披露してくれていたが、一ヶ月で忽然と姿を消した。
 ナンテンの木から落ちた「卵のう」を残したまま。私は二年前にそうしたように、透明プラスチックふたつをかぶせてつくった「観察ケース」のなかに入れ、子グモたちが「卵のう」から出てくるのを待った。
 またしても「出のう」「団居」「クモの子を散らす」「バルーニング」等をじっくりと観察できるとわくわくしながら待った。だが、今回はいっこうに変化がないまま今日に至ってしまった。子グモたちの「生命」はどうなってしまったのだろう?
 だからと言って処分してしまう勇気はなかった。
 三つ目は、昨年の秋に採集した「自然結実」したヒガンバナの「種子」だ。
 2/15に冷蔵庫から出してきた69個の「種子」で実生に挑戦した。ところが、どれひとつとして「発芽」(発根)に成功しなかった。
 ほとんどカビにやられてしまった。しかし、これまた未練を残していて今なお処分しきれないでいた。
けっきょく発砲スチロールの箱に入れまたしてもふたをしてしまった。
▼この三つの「生命」の残骸が、「新・中学校「理科」を構想する。」を次の単元に進めることを促してくれた。
前単元で語りきっていないことも多々あるが、とりあえず先に進めよう。
次は

◆【生物の細胞と生殖】

であった。
 あらためて実践DBを読み返してみて私は確信した!!
 
 私が処分しきれない三つの未練の「生命」残骸は「すぐれた教材」への可能性を秘めている!!

と。
 とりわけ、コウガイビルだ!!
 教科書を見て驚いた。「幹細胞」は読み物になり、きっちりとプラナリアは市民権を得ているではないか。
もっと身近に生きている陸棲プラナリアであるコウガイビルが教材になってもいいではないか!!
 私は未練をバネに教材研究をつづけようと思う。
▼この単元の究極のねらいは次のように呼びかけていた。

Cell

 あらゆる場面で問いかけてみよう。
究極の「ふしぎ!?」=「生命と何か?」
そのことが、教材研究であり、単元「構想」にツナガルはず!!

(つづく)
Dsc_2439
Dsc_2647


| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日(2016/09/29)、第140回オンライン「寅の日」!!#traday

Dsc_2308
▼はやくも「彼岸の中日」(秋分の日)から一週間だ!!
 昨日、雨の合間に庭の定点ヒガンバナを観察してみた。定点は5つだ。
定点A…ほぼ満開になっていた。何本の花茎が立っているのだろう?
定点B…シロバナヒガンバナの方が先行して満開を迎えていた。シロバナと言いながらも色は少しクリーム色っぽい。立っている花茎は6本!!浮き株になった鱗茎はたくさんあるのに…(?_?)
定点C…東京からの引っ越し組。花芽を見せることなくいきなり「葉の季節」に入ってしまった?
定点D…満開すぎて萎れはじめた。「自然結実」するのはあるだろうか?
定点E…定点Dから分球してきたもの。今、少し遅れて満開に!!
 観察していくつかの「ふしぎ!?」が浮かんできた。
・定点Bの浮き株の鱗茎(球根)からはなぜ花茎が伸びてこないのか?
・定点Cは「花芽」を出さずにいきなり葉が出てきたのはなぜ?
 「花芽」が顔を出し花茎をのばすためには相当のエネルギーが必要なのだろう。そのエネルギーが蓄積できていない状態では「花芽」は顔を出さないのだろうか。
 ならばその「臨界点」はどこにあるのだろう?それをどのように判断しているのだろう?

やっぱり、「あの人」のコトバが浮かぶ

「ねえ君、不思議だと思いませんか?」

▼今日は、その「あの人」を読む日だ。
第140回オンライン「寅の日」である。
 9月のテーマは 寅彦の「秋」 である。今回はその最終回!!
 読む随筆は、「柿の種」の一節「コスモスとあり」 である。
 とてもわかりにくい説明になってしまった。
 「柿の種」のなかの「短章 その一」にあがっている、(大正十年十一月、渋柿)に記載された作品である。
 「コスモスとあり」は教科書に採用されたときのタイトルを拝借した。

◆本日(2016/09/29)、第140回オンライン「寅の日」!!

●「柿の種」(「コスモスとあり」)(青空文庫より)

▼この作品は140回のオンライン「寅の日」で読んだ作品のなかで、もっとも短い文章である。
 短い文章ではあるが、寅彦の口癖「ねえ君、不思議だと思いませんか?」がもっとも凝縮した文章であるとも言える。
 最後の一行だけ引用させてもらおう。

どうして蟻がこの高い高い茎の頂上につぼみのできたことをかぎつけるかが不思議である。

▼大正十年(1921年)と言えば、今から95年前だ!!
95年たって、寅彦の不思議は、どこまで謎解きができたのか。
不勉強な私はそれを知らない。ぜひとも知りたいとは思うが…。
 そう言えば心当たりがいくつかある。
 大賀ハス「あこがれの4日間」、一日目、二日目開花と同時にどこからともなく蜂、甲虫が一斉にあつまって来た。どんな物質が拡散したのか?昆虫たちのレセプターは…?
 植物たちと昆虫のあいだにはどんなコミュニケーションが成立しているのだろうか?
 いや先のヒガンバナの「ふしぎ!?」もそうかもしれない。
 私の知らない植物同士のコミュニケーションも成立しているのかもし知れない。

 今、外に出たら、どこからか甘いキンモクセイの香りが漂ってきた。

Dsc_2332
Dsc_2318
Dsc_2401
Dsc_2380
Dsc_2392

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シロバナヒガンバナ





| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の庭のヒガンバナ!!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

実生ヒガンバナ、二年目も「出葉」!! #ヒガンバナ

Dsc_2255
ヤッター、「葉」が出て来た!!
 このアタリマエが私には感動だ。このうえない感動だ!!
 実生ヒガンバナの鉢三つはしばらくナンテンの木陰に待避させていた。先週から、変化を見逃すまいと近くに置いておいた。予想はあたった。
 予想通り変化が起きてきたのだ。
 真ん中の鉢のまんなかに「出葉」がみられたのだ。さらには左の鉢にも「葉」が顔を出し始めていたのだ!!
▼そもそもこの三つの「実生ヒガンバナ」の鉢とはなんなのか。
少しだけこの「物語」をふりかえってみる。
「日本のヒガンバナは3倍体で、種子をつくらず分球によってのみで殖える」
これが、これまでのアタリマエだった。
 私はわかったつもりになっても、ほんとうの意味で納得できなかった!!
このアタリマエを疑ってみた。
「だってあんなにたくさんのみごとな花が咲いているではないか?」
「なかには変わりダネがいて、種子をつくり、それで殖えているのもあるのではないか?」
▼幸いなことに、私は2013年、2014年、2015年、3年連続して「自然結実」するヒガンバナ群生地を発見した。(こんな偶然があるだろうか?いくら捜していたとは言え「ふしぎ!?」だ。想像以上高頻度に…)
 そして、そこから「種子」を採集した。
 「種子」を採集しても、それはまだ「種子もどき」に過ぎない。
 その「種子」から育てて、一人前のヒガンバナになってこそ、これまでのアタリマエを覆すことができるのだ。
「種子」から育てる「実生」に挑戦してみた。
 2013年採集の「種子」については失敗!!「種子」をうれがって人に見せ回っているあいだつぶれたり、腐らしてしまった。
 2014年採集の「種子」はチャック付きナイロン袋のなかで冬を越させ、そのなかの3粒について2015年の春、「発芽」(発根)に成功した。そして秋には「出葉」した。今年の春まで葉は伸びていたが、枯れて現在に至っていたのだ。
 2015年採集の多量の「種子」は、冷蔵庫に保存していたにもかかわらず全滅してしまった。
▼だからこそ、この三つの鉢の「実生ヒガンバナ」は、私のヒガンバナ研究において重要な意味をもつものなのだ。
今年も「出葉」してきたということは、この「実生ヒガンバナ」は生きている!!ということなんだ。
だから、
 やっぱりここから「葉」が出てきたことは感動なんだ!!  

 いつの日か、ここから花芽が顔を出し、花茎が伸びて開花することがあるだろうか?
そのとき…!!これまでのアタマエは…!?
Dsc_2154
Dsc_2288

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「自然結実」ヒガンバナ群生地の今!! #ヒガンバナ

Dsc_1298
▼「彼岸明け」(9/25)は過ぎた!!
昨日(2016/09/26)、19日ぶりに「自然結実」ヒガンバナ群生地巡りをした。
 午後、出発したときは雨はあがっていたというもののまだ雲は多かった。また降り出しそうな気配もあった。
しかし、私はもう待ちきれなかったのだ。
Dsc_1430
Dsc_1396
Dsc_1414
▼前回と同様に安富~夢前~福崎の順番に巡った。
それはちょうど群生地「発見」の順番でもあった。
 まず安富に着いた。
 やっぱりそうだった。もう開花の「盛り」は過ぎていたようだ。
 目的地の田んぼの稲刈りもすんでいた。すでに白っぽくなり萎れかけているものも多い。
 近くの田んぼの畦で、刈り倒された花茎もあった。
 群生地の畦のヒガンバナ密集度は、他の田んぼの畦に較べると歴然としていた!!
Dsc_1469
Dsc_1495
Dsc_1537
Dsc_1614
▼次に巡ったのは夢前だった。
 19日前にはほとんど開花がみられなかったところだ。しかし、今回はまったくちがっていた。
 溝をはさんでの密集地はみごとなものだった。
 「ワラベノカンザシ」(?)と思われるものも見られた。
 道路沿いの土手も真っ赤に染まっていた。
Dsc_1709
Dsc_1735
Dsc_1837
▼最後が福崎だった。福崎に着いたときは陽が射してきた。アリガタイ!!
稲穂とのコラボが最高だ!!
思わず一週間前の巾着田を思いだしてしまった!!
畦は足の踏み場もないほどに密集して咲いていた。

さて、今年もこの3ヶ所のいずれからか「自然結実」したヒガンバナの「種子」を手に入れることはできるだろうか?
それともあらたな「自然結実」ヒガンバナ群生地を発見できるだろうか?
楽しみである o(^o^)o ワクワク
次はいつ巡ろうかな。
Dsc_1894

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新9/25】16-39 【ヒガンバナ情報2016】 等更新!!

Dsc_1104


彼岸花律儀な里の暦かな 16/09/24撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】16-39
週末定例更新のお知らせ
 「ばっかり病」の克服!!それは私の生涯の課題だった。
 でも、年をとるに従って考えが少し変わってきた。「ばっかり病」は私のような浅学な人間にとっては、なかなかすぐれた「学びの手法」に思えて来たのである。
 持病の「ばっかり病」を楽しむのは究極の道楽かも知れない!!

◆表紙画像集2016 更新 彼岸花
 実は表紙画像に迷っていた。一度は庭の満開のヒガンバナにしておきながら、気が変わって定点Aのヒガンバナに変えた。ヒガンバナの「律儀さ」をより感じたのはこちらの方だったからだ。
 定点Aの株の観察はずいぶん古くからだ。今年、花芽が顔を出すのか遅かった。
 ひょっとしたら、もう花茎が伸びてくることないのではと不安になったくらいだ。しかし、「お彼岸」にはきっちりと顔を出した。この「律儀さ」がなんとも愛おしかった!!

◆【ヒガンバナ情報2016】 更新!! 私の「ばっかり病」の典型が、「ヒガンバナばっかり病」だ!!
 「ふしぎ!?」な花である。その「ふしぎ!?」の謎解きは実に面白い!!
 もうこの謎解きは、道楽の域に入っていた。
 今週はどこまで…楽しみだ。

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 遅々たる歩みになりながらも、「新・中学校「理科」を構想する。」を続けていた。
ここでもあえて「中学校ばっかり」「理科ばっかり」にこだわっていた!!

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 寅彦は実に奥が深い!!「ばっかり病」の対極にある「あれもこれも」極めていた。
私ごときにすべてを読み解くことは不可能である。
 自分の都合だけで私にも使える「科学」を掬い取るのみだ!!
 昨日、尼崎に出た。帰りに少し時間があったので、前から駅前にあると聞いていた「高潮標」をさがしてみた。
 簡単にみつけることができた。
 これを見たいと思ったのもオンライン「寅の日」を続けていたからにちがいない。

さあ、今週 「ばっかり病」の症候はいかに o(^o^)o ワクワク
Dscn9805
Dscn9813

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新・中学校「理科」を構想する。(59)

Dsc_1181
▼感動である!!
 実生コヒガバナが2年目の「出葉」をして来たのである。きわめてアタリマエのこと、アタリマエすぎるほどアタリマエのこと。それが私には感動なのである。
 2014年の秋、51個のコヒガンバナの「種子」を分けてもらった。2015年春に「発芽(発根)」し、秋に「出葉」までたどりついたのは39個。種子→出葉のパーセントは76.5%!!
 ここではじめて私は
「コヒガンバナは2倍体であり、種子でも殖える。」にほんとうに納得できたのである。
そのコヒガンバナが、2年目の秋も「出葉」してきたのだ。
やっぱり感動である!!
▼アタリマエを吟味・検証するところから、私の「科学」が生まれる。
それは、この単元【運動とエネルギー】でも同様だった。
 そもそも毎日のごとくアタリマエに使う「エネルギー」って何?
 教科書を見てみよう。
「エネルギー」=「仕事をする能力」「ある物体が他の物体に対して仕事ができる状態にあるとき、その物体はエネルギーをもっているという」 
 では、その「仕事」って何なんだ?
「仕事」=「物体に力を加えて、その力の向きに物体を動かしたとき、その力は物体に対して仕事をしたという。」

なんともわかったようなわからぬ話だ。
▼こんなときは、「21世紀のガリレオ」をめざすためには実験だ!!
定番実験のみならず、自分なりのひと工夫をしてみよう。
さらなる納得と感動を生むために。
「仕事の原理」
「エネルギー保存の法則」
のルールだって同じいっぱい使ってみよう!!
使って、使って 例外はないかみつけよう!!それはほんとうに例外か?疑ってみよう!?
そのルールが「使いモノ」になるまで…。
▼呼びかけ的に語りながら、自分のことを考えてみた。
 よくよく考えてみると、今いちばん夢中になっている「天気の変化」なんてこの単元そのものなんだと気づいた。
 「天気の変化」=「大気の物理学」!!
 今さらのごとく納得ダ!!

大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから26週目だった。
池は台風16号の風雨でずいぶん荒らされていた。最後まで残していた果托ひとつも風でどこかに飛んでいってしまった。  
Dsc_0930

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«新・中学校「理科」を構想する。(58)